FC2ブログ
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2018/04/26(木)   CATEGORY: アート l'art
オルセー美術館とポンピドーセンター比較 その4

この建築プロジェクトの特性のひとつは、「技術」と「機能」を「全面に押し出すこと」。
建物の機能を建築の技術そのものにドーッと流し込むことが求められた。

ということで、本当に、配管、ダクトの類がまるで装飾のように建物の外観を覆うこととなった。

レンゾ・ピアノとリチャード・ロジャースは、それぞれの配管の機能によって色分けを施す。
赤は作品と人の動線、黄色は電気系統、緑は水、青は通気、というように。


ふたりの建築家にとってこれは「遊び」であって、挑発なのであったが、それよりもまずは新建築ジャンルに新風を送り込りこむぞという思惑が根底にあった。大胆不敵なこの建物は「ハイテク建築」とも称されるムーブメントの代表格となった。






スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。