FC2ブログ
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/02/05(金)   CATEGORY: アート l'art
クリスチャン・ボルタンスキー in パリ・グランパレ


グランパレで開催中の、モニュメンタ2010・クリスチャン・ボルタンスキーの「personnes」展。

インタビュー記事の抜粋をちょっとナナメ読みして、なるほどね~とは特に思わなかったが、アーティストの言葉に悪い印象は無かった。1944年うまれ。自分とダブらせているかはさておき、歳を重ねていって自分の周りに死を身近に感じるようになることについて、このインスタレーションがそういったことに想いを巡らせるキッカケになればいいなと思っているらしい。一方で、アートが、質問を投げかけ、エモーションに働きかけ、その後、“返答は無い” ということもしっかり言っているので、作品の中に「これは何だ?」と答えを求めても無駄かもしれない、ということがわかる。

ボルタンスキーについてそれほどよく知らないんだが、70~80年代の、モノクロのフォトグラフィや、光や影をおもしろく演出した楽しいインスタレーションなどがいい。この人、アネット・メサジェの旦那だったかな、ふたりのやること、一部共通点があると思ったことがある。

(アネット・メサジェ→ http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-227.html



ちなみにアーティストは、今回のグランパレエクスポジション終了後、この服の山がリサイクルされることを望んでいる。



エクスポ キーワード

床に敷かれた69の長方形に中に並んだコート・69人の心臓の鼓動が響く空間
視覚的・聴覚的な追悼
スピリチュエル
ヒューマン
生・記憶・ひとりひとりの存在の強烈な特異性
死の気配・肉体的人間性の喪失・運命の偶然性

アイデンティティ
死の未分化状態
人間の虚無
ファンタスマゴリア
死の舞踏
光と陰
鼓動
メメント・モリ(Memento mori)


gp100124_9999_17.jpg

gp100124_9999_19.jpg 服をつまんで持ち上げて、

gp100124_9999_18.jpg その場に落とす。延々、その繰り返し。




高松宮殿下記念世界文化賞
2006年の彫刻部門で、クリスチャン・ボルタンスキーが受賞
http://www.praemiumimperiale.org/jp/laureates/boltanski_summary.html


*なお、2009年の絵画部門では、杉本博司が受賞。
グルグル螺旋にのぼっていく彫刻展をポンピドゥ隣接のアトリエ・ブランクーシで見たことがあったが、様々な表現方法をとっている人物。
http://www.sugimotohiroshi.com/


高松宮殿下記念世界文化賞 について、このブログ内
「カバコフ受賞!!」
http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-353.html

gp100124_9999_28.jpg

gp100124_9999_29.jpg



MONUMENTA 2010
Christian Boltanski
「personnes」

2010年1月13日~2月21日

http://www.monumenta.com/2010/

gp100124_9999_4.jpg

Nef du Grand Palais
入場:一般4ユーロ、他
休館:火曜

gp100131_9999_5.jpg

スポンサーサイト
[ TB*1 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
● 今◆旬★旬■旬●旬▲旬☆旬□旬◆が見てみて≧(´▽`)≦
花ギフト館のブログ 2010/02/05(金) 13:52
お花の事なら花ギフト館へо(ж>▽<)y ☆  [続きを読む]
Copyright © フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。