FC2ブログ
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
さわりたくなる絵、カマルグの馬がズドドドド
モンマルトルの小さいギャラリー(小さいというか、奥に長いんだけど)の前を通り過ぎようとしてウインドウをチラッと横目で見て、たいして心惹かれたわけではなかったけど情報収集のために入った。

何の期待もしていなかったわりに思いがけずおもしろかった。Daniel DENSBORNという人のエクスポジションを中心に計3名ほどの作品が置いてあった。

DENSBORNはマルセイユの程近く出身のアーティストで、何がどうって、「そこまで盛り上げますか!」っていうほど厚塗りの絵の具、ゴッホなんか比じゃないくらいの厚み。鼻息がかかりそうなほど近寄って見ていたので、ギャラリーのオジサンに真横でぴったりマークされる。






筆を使わずペインティングナイフで「動」を表現するため、完全に混ぜない色の線が厚みを伴って調和、極力シンプルに抑えて、絵のテーマを激しくギュウギュウ手前に押し出す。

densborn4.jpg

densborn5.jpg


実際モチーフとなっているのはしばしば馬、闘牛士、ジャズミュージシャン、波、といった、動くもの。1枚だけ静物画があり、ギャラリーのオジサンと一緒に「ぜんぜん良くないですね」「そうだろ、良くないだろ」と批判。

好んで描いているカマルグの馬たち。漆喰のように白くコッテリ塗りたくった背景から、正面向きにズドドドド・・・と浮かび上がってくる白馬の様子は成功した演出で、かなり迫力。
densborn2.jpg

densborn3.jpg



何気なく偶然に置いたようなぼやけた色が、動きをイメージで捉えさせる。
計算されているのに感覚的、多分本物よりドラマチック。


カマルグ(フランス語wikipedia)フランス南部の田園&塩田&湿地帯。
地図をクリックすると大きくなる。
http://fr.wikipedia.org/wiki/Camargue

アルル観光局サイト(日本語も少しあり)
http://www.tourisme.ville-arles.fr/index.htm




7月15日まで

Galerie ESPACE ARSINOE
3, rue Tholoze 75018
毎日14~19時(月・火曜は予約)
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。