FC2ブログ
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/06/15(水)   CATEGORY: 美術館 le musee
スキャンダルなマネ。オルセー美術館マネ展
19世紀フランス絵画史において最重要人物のひとりとされる、マネ(1832~1883年)。

印象派の中に含まれる場合があるが、厳密に言うとそういうことではない。事実、マネは印象派のサロンには一度も参加しておらず、後に印象派の中核となる後輩画家達、とりわけ、モネ、ルノワール、弟の妻となるベルト・モリゾらとは親しく、彼らから柔軟に影響も受け、アルジャントゥイユやジュヌヴィリエで屋外制作もしていたが、そもそも印象派とは異なる表現を追究し、独自の路線を保っていた。目新しい色彩技法や、光の表現にも特別な効果をほとんど使わない <現実> 表現の仕上がりに抜きん出ており、それまでの伝統的な描き方を打ち破る自由な筆致や、いち早くジャポニスムを受容したりといった挑戦的な姿勢が、印象派を担う画家達から礼賛され、それ以降の美術史に大きな影響を与えたと言われる所以。

マネ作品はしばしば、スキャンダルとなった。

マネの代表作のひとつ「オランピア」(1863年作)

ManetOlympia.jpg


イタリアの巨匠ティツィアーノ「ウルビーノのヴィーナス」(1538年作)から影響を受けた構図の作品。

ManetVenusUrbinoTitien.jpg



裸婦像は、同時代のブグロー(Bouguereau 1825~1905年)のようなアカデミックなスター画家の描くものが芸術として認められていた頃。裸婦は宗教、神話、歴史的な要素を帯び、理想的に美化されて描かれることでのみ、崇高なモチーフとなり初めて絶賛の対象となっていた。





「オランピア」は、そこに横たわる女性は、女神でもニンフでもなく、生身の人間の裸体であり、挑発的な眼差しでこちらを見つめるオランピアは <現実にいる女の姿> で、エロティシズム感、満載。現に、裸体に残る宝飾品とサンダルが生々しさを増し、一足先に花束を贈ってきた客を今から迎えようとしているような情景はリアル。それは、当時オランピアという名前が娼婦に多かったため、社会背景を反映したこのような想像が容易かったこともある。
召使いとして描かれた黒人の女性は、神話などとは遠いイメージを醸し、やはりとても日常感を増す。
女性の足元に描かれた黒猫は女の気まぐれな心理か、男性のシンボルかー。少なくとも「ウルビーノのヴィーナス」の足元に丸まっている犬が忠誠を表すとすれば、真逆に捉えられるかもしれない。猫のしっぽは、左右反転「?」マークのようにも見え、この絵の解釈を掻き乱すべくクリッと描かれたように思える。

どこを切り取ってもスキャンダラスである故に、絵画アカデミー界は驚愕してしまった。
が、この作品は「近代美術の創始者」と本展のタイトルにもあるように、近代絵画史への幕開けともなる位置付けの重要な一枚となった。本作のすぐ横には、「オランピア」を描く前年~数年内の、油彩画「黒人の女」や、淡彩の習作「猫のいる女性像」など関連作品も掲げられている。


44歳頃から梅毒とリュウマチに苦しみ始め、左足は後に切断、壊疽により51歳と早くに没したマネ。400枚以上の油彩、水彩、パステル、エスキースなどを残し、今はパリのパッシー墓地に眠っている。

実際、オルセー美術館所蔵のマネ作品は多いが、マネと周辺を取り巻いた人物や社会との関係、有名な作品背景をまとめた展覧会構成が興味を惹く。常設展示室にもマネ作品はありまーす。



Manet, inventeur du Moderne
マネ、近代美術の創始者


4月5日~7月3日(延長決定。これより延びます)


Manet3.jpg

オルセー美術館
入口:1, rue de la Légion d'Honneur 75007 Paris
http://www.musee-orsay.fr/

開館時間:9h30~18h(木曜は21h45まで)
※モネ展は、土曜は20hまで。
休館:月曜
マネ展への入場料:一般10ユーロ(常設展、他特別展への入場可)


スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/06/09(木)   CATEGORY: 食 l'alimentation
パリのバゲットうまいとこ2
メトロ1番のサン・ポール駅降りたすぐ目の前のパン屋、ケーキ類も目をひく。

Manon
http://www.aux-desirs-de-manon.fr/


これはクレーム・ブリュレ。


バスティーユ方向に歩いていくとミス・マノンもあって、こちらは別におすすめでもナシ。座って食べるのもおすすめしない。
アイスクリーム買って歩きながら食べるはおすすめ。ケーキも物によってはずいぶん高いけどおすすめ。


[ TB*0 | CO*0 ] page top
ローラン・ガロス終わって雨
今年もローラン・ガロス(全仏オープン)が行われ、終わった。

パリ市庁舎前ではスクリーンで試合中継、イベントが開催された。

 こちらはまだ初戦のころ


昨日のナダル/フェデラー戦はずいぶん盛り上がったんじゃなかろうか。

日中はギラギラと快晴になったが、夜になって雷がゴロゴロいって雨になった。ひからびて雨不足となりつつあったのでよかったかな。試合も終わってからで。


このブログ内、以前のローラン・ガロス
http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-139.html
http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-433.html
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/06/05(日)   CATEGORY: 街 la ville
パリ三越跡地とあやしい日本語
先日オペラ周辺に行った時に、ふと三越跡地はどうなってるんだろう?と思ってそっちの方へ回ってみた。三越とは業務上で少し関わったこともあるけれどほとんど無縁の場所。どちらかというと三越エトワールとの関わりの方がワタシはあって、エクスポジションに招待してもらったりカタログもらったりしたがこちらも閉館となった。残念。

百貨店の跡地はシャッターが閉まってロゴが剥ぎ取られていて、そこに何があったかはわからない状態。どうなるんだろう。まさかモノプリとかにはならないだろうなぁ。。。

 オペラ座から歩いてスグ、マドレーヌ寺院


三越付近で「あのぅ!」の呼び止められる、おばちゃまふたりが道を聞いてくる。これこれこう行けば、とさんざん日本語で説明した挙げ句に「日本のかた?」と聞かれる!

ワタシの日本語おかしかったのかなぁ。


[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/06/03(金)   CATEGORY: 食 l'alimentation
パリのバゲットうまいとこ
ワタシは食にあまり興味がない人間だが、パリのおいしいバゲットは知ってる。
よく聞く、”カイザー”とか、何とか、とか、何とか、、、(知らないので羅列できない。)という類のは知らなくて、近所のパン屋。

と言っても探したらサイトまであった。

バゲットは1,15ユーロ。ケーキなどはあまり食べたことがないが、ルバーブのタルトなんかおいしかった。

LA BOULANGERIE Jean-Noël JULIEN
http://www.boulangerie-patisserie-artisanale-paris.com/




24 Rue Saint-Martin
 75004

時間が無かったので今日もここ↑で昼を買う、トルティーヤみたいなのにハムとか野菜がくるまっているやつ。もう2時も過ぎ。しかも移動しないといけなかったので食べたのは3時。

このパン屋の隣で、なんと運悪く、スズメのヒナが巣から落ちて無惨なことになっているのを目撃。皆、上見ながら歩くもんなぁ。。。住人は上なんか見ない。下を確認しながら(いろんなもの踏まないように)歩く。


他にも店舗あって、サントノレにあったっけ?

75 Rue Saint-Honoré 
75001


そして6区、これは今、住所と店舗画像をサイトで見て、あぁ行ったことあると気付いた。

54 Rue Notre Dame des Champs 
75006



[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/06/02(木)   CATEGORY: せいかつ la vie
ベルヴィル先月の火事
先月ゴンクールの方に用あって行ったら火事に遭遇した。



ゴンクールとベルヴィルのメトロ駅を結ぶ通り、モノプリの向かい辺り。
モノプリにも寄りたくてそれと煙を避ける為に入ったら、中までちょっと煙っていて目が痛くなりそうだった。

4月、火事に巻き込まれ、ソルボンヌ大学に通うスウェーデン人学生ふたりが亡くなり、イギリス人学生がひとり入院するということがあった。聞いた話では放火のような人為火事だったとか何とか・・・。なんということか。


11051114.jpg

火も見えず、煙がモウモウとあがるのみ。
この火事のその後はわからない。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/06/01(水)   CATEGORY: せいかつ la vie
パリ晴天続く
先月、ぜんぜん更新していなかったんだな!
確かに忙しいというか、忙しない(同じだ!)生活を送っていたようにも思うが。

パリは晴天なり。
ス~ッと涼しくなることもあるし、夜は涼しいし、ウチは寒いし、と、何か「じゃあパリは涼しいんじゃん?」と言いたくなるが、イヤ、日中は煮えるように暑いのであります。。。とにかく陽射しが激しいかな。サンダル、半袖短パンでOKなのだが、建物の中や夜はそれじゃあとても耐えられない寒さなのでほんと困る。

bhvhomme110525.jpg BHVオム

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/06/01(水)   CATEGORY: アート l'art
超高級広場ヴァンドームのぽこぽこ
世界屈指の「高級広場」ヴァンドームにポコポコ現れたのはパール!
タヒチの黒蝶真珠養殖成功から50年です。

vndom110601_2.jpg

このパールの中に、パネルで真珠加工の様子とか、パーリィな世界が紹介されている。布製です、これ。最近、水不足なほど雨が降ってないフランスだからいいのか。。

なんか、方向によってはサウスパークのケニーみたいに見えるけど・・・(横向きのケニー)。

vndom110601_4.jpg

spkenny.jpg



ヴァンドーム広場には日本の真珠といえば!?のミキモトもある。高級ですゾ。
Mikimoto - Paris

8 Place Vendôme
 75001 Paris
http://www.mikimoto.fr/Francais/fr.accueil.htm



天気もすこぶる良くて、こんな日には結婚写真を撮りたくなる。(らしい。)
ふ、ふた組も。。
しかも、こういう撮影してるのは必ずと言っていいほどチュンゴク人だ。

vndom110601_3.jpg
vndom110601_6.jpg 西洋系の人ももちろん。



ちなみにこの周辺のホテルは、プレジデンシャルスイートなんかでハイシーズン1泊・3000ユーロくらい(35万円くらい)する。
もっと高いのもあるでしょう。
はいはい。



[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。