FC2ブログ
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/03/29(火)   CATEGORY: 日本 le Japon
半旗と確実な寄付
月曜(もしくは日曜のうち)に、オテルドヴィル(パリ市庁舎)の建物前に、旗が3本たった。

中央にフランス国旗、両サイドに欧州旗、日本国旗。

パリ市も、市として救援物資や寄付などをしている。

なおパリ中で、日本関係機関、有志、様々な形でチャリティーイベントが行われている。

ワタシは一匹狼体質なのもあって、特にパリで、たくさんの日本人が集まるところに行ったり、一緒に何かをするという感覚がちょっと苦手だが(そういう日本人は多いかもと思うが)、そんなことで意地はってないでー。
まずは友人歌手のチャリティーライブ運営補佐と、自分の制作にチャリティー付加する、ということで、模索中。


そうそう、フランス赤十字はスキャンダルまみれ団体で、以前、何かの時の(ハイチの時かも。)寄付金が全然まわっていない、という話を聞いて、ここはひとつ、仏赤十字への寄付はしないことをおススメ。
日本大使館や日本人会から、日本赤十字へ寄付がよいでしょう。

在フランス日本大使館
http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/

東北地方太平洋沖地震被害に対する義援金の受付について
http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/special/etc/gienkin.html







スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/03/26(土)   CATEGORY: 世界 le monde
シリア。パリより
ここフランスで、東北地震後、初めて入れ替わったトップニュースは、それまでトップ2番目だったリビアの件。フランス、英米国がミサイル攻撃を開始したことで、トップニュースとなった。

空爆・・・。
結局、無差別攻撃になってしまうので、やるんならフランスの終身刑確定重犯罪者が特攻隊を結成して、アジトに突入、自爆でもよし、カダフィの首をとってくる、という作戦にしてほしい。

別のアラビア国にも影響が広がっている。





シリア。
西洋と東洋の交易地として栄えてきた中東の国。その国境をトルコ、イラク、ヨルダン、イスラエル、レバノンと接する。北西部は地中海に臨む。首都はダマスカス、第2の都市はアレッポ。

中東って砂漠とラクダと石油ばかりかっていうと、シリア北西の方は、地中海に面し、肥沃な大地に恵まれ、古代よりオリーブ栽培がさかん。このオリーブオイルを使った石けん製造は1000年の歴史を誇る。十字軍によって西洋に持ち込まれ、12世紀以降、地中海のあらゆる港にこのアレッポ地方の石けんが伝わっていく。”マルセイユ石けん” を始め、世界中の固形石けんの起源は、まさにシリア。

このシリアの石けん工房と業務提携をしていることで、ワタシはシリアと馴染みを感じている。なかなか知られていないことかもしれないが、実際、シリアと日本は友好関係がある。


民主主義な国で、言いたいこと言ってやりたいことをやることのできる、自由が保障されるワタシ達の感覚からは、正直、シリアって国には、想像できない抑圧がある。遠く離れたパリにいてさえ、自国にネガティブな発言は非常に憚られるという。どこに耳があり、いつどこからどこへ洩れ、関係機関へ密告されるか、そうならない可能性は否定できないのだそう。ここで書いてもいいのかどうか不安を感じるくらいに、シリアには強力な独裁支配がある。

その状勢というのは、昨今、次々と民主化への動きを見せるエジプト、チュニジア、リビアなど、比べものにならないくらい強烈なものなのだという。何かが起こってしまえば、とてつもなく激しいものになるだろうと言う。末恐ろしいっていう表現が合っているかどうか、とてもとてもはかり知れないものを感じる。

シリアで何か起こりそう、マニフェスタシオンが計画されている、明日、何か起こりそう、と話を聞いたのが17日、木曜。
明けて18日、南部ダラア市、他でも衝突があって死亡者も出たとか。その後はニュース報道の通り。



1102126.jpg


画像2枚は、2月12日、パリの中心部シャトレで見かけたマニフェスタシオン。よっく耳にする、アラブ・ロックみたいなのがガンガンかかって耳が痛い。

チュニジア、エジプト、シリア、それからアルジェリアの国旗もチラッと見える。


[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/03/22(火)   CATEGORY: 世界 le monde
海外援助が空回った、日本政府の責任
こちら、フランスのニュースで、フランスから送り込まれた救援隊が、ほとんど何もできないまま帰国日が近づいてきた、という話が2~3日前に流れて大ショック。

福島へ入った仏救援隊は、原発問題を危惧され、岩手か宮城の米軍基地の方へ送られ、しかし「衛生上の問題」で被災現場へ近づくことを許されず、待機状態がずっと続いたと。その間、京都管轄の消防か警察が現場へ入っていたが、がれきの下の生存者を捜し出すセンサーも使用せずの、まさに手探り救助をしていたという。

外国からの支援隊は、恐らく日本政府からの指示なく勝手に救助活動を繰り広げてはいけない、ということなんだろうけど、これはないでしょう!! 設備を整え、リスクなど承知で、ひとりでもふたりでも多くの生存者を見つける、という使命感で日本入りしてるではないか、外国救援チームは?
一刻を争う震災直後の救助に、外国部隊をバシバシこき使うのが日本政府の最優先指示じゃなかったのかい?

フランスメディアは、

「日本特有の、弱い部分を表に出したがらず、謙虚な姿勢がこういった事態を引き起こしたんではなかろうか」

と締めくくっていたけれど、何となく間違っていない気もするし、そのせいで助からなかった命があったはずと思え、日本政府の責任を感ず。この話、救助隊の証言が出てくるとか続報があったら書きたいが、フランスメディアでは原発のことばかり。



ついつい、Band Aid「Do they know it's christmas」(1985年?) を聞いてしまう自分。
Feed The World、これは飢餓に対する運動だけどー。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/03/21(月)   CATEGORY: 食 l'alimentation
自宅で喰やぁいいクレープinパリ
クレープを道ばたで買って歩きながら食べるのなんて、パリっぽいのかも。
レストランでクレープもなかなかブルターニュ気分。

ただ!

そんなこと毎日やっとられん。

レモン汁がかかっただけでプラス1ユーロ!とか言われると、エッ...と正直とまどいも隠せないので、だったら家で食べちまえ!


 モノプリの。

小麦粉さえ使いたくないので、できあがった皮を買ってきてフライパンであっためる。

砂糖を薄く撒いて、レモン汁を心おきなく、ばしゃばしゃかける。

crepe110320_1.jpg


こんな安いことで満足できて幸。


好きなかたは、ヌテラやマロンクリームぬったりしたらいいかも。
ハムとチーズで食事クレープも可。皮は甘いんだけど。。


[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/03/20(日)   CATEGORY: せいかつ la vie
流れるセーヌ
ここ、フランスで、東北地震後、初めてトップニュースが入れ替わった。それまでトップ2番目だったリビアの件。フランス、英米国がミサイル攻撃を開始したことで、トップニュースとなった。

このことについては後日、ふれようと思う。





いつも通り流れるセーヌ。


アポリネールの「ミラボー橋 Le pont Mirabeau」
Guillaume Apollinaire(1880~1918)
なぞ思い出しそうな。
※この橋はミラボーではありませぬ。

マリー・ローランサンへの想いを詠った「ミラボー橋」。
ふたりは16区の現在「ラジオ・フランス」のある辺に住んでいて、毎日この橋を渡ってモンパルナスへ行っていた。メトロ10番に「ミラボー」駅がある。

この「ミラボー橋」を詠いあげる、1913年当時のアポリネールの肉声音源というものがあって、詩の音読というものは独特のシラブ(音節)に沿うのでとても特徴的。少しトリハダがたつ。
33歳だというのに80歳くらいの風格が聞いてとれるのも、音質のせいというのもあるだろうけれど。。。


nuit110315seine10.jpg

月日が流れると、また何もかも変わっていく。
かと思えば、何も変わらないものもあって悲観に暮れたりもする。







[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/03/19(土)   CATEGORY: 世界 le monde
見守る世界、モラル
ラグビー大国、フランス。
サッカーでスキャンダルが続発したり、一部のサッカー狂の、あまりのマナー悪さに、ラグビー全般の紳士っぷりが浮き彫りになったことがあった。今でもその意識はあると思われる。

さきほど、フランスvsウェールズの試合をテレビ中継していた。たまたま試合開始のところを見て、それぞれが国家斉唱した後、開始前に東北震災の被害者を悼み、黙祷が捧げられた。


2007年、ラグビーワールドカップについて、このブログ内ななめ見聞

http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-252.html



宮城や福島などでの、留守中の商店で強盗が多発しているとか、義援金詐欺とか、耳を疑うような火事場泥棒のニュースに腹が立つ。海外メディアは「忍耐の日本、統制の国」と報じるが、一方でこういった事件が起きる。人間のモラルってものはいったい。
こういうロクデナシは、放水に、核廃棄物を片付けに、行かせたらどうだろう。



[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/03/17(木)   CATEGORY: 食 l'alimentation
パリ、マックでもまぁまぁよ!


これは「カフェ・ヴィエノワ」
ウインナー・カフェ

カカオアレルギーが疑わしいので、コーヒーならいいだろうと勝手な判断で、ショコラ(ホットチョコ)のかわりに飲むことがある。

だけどコーヒーにぶりぶりっとホイップクリームをとぐろにしただけのシロモノって考えると、ちょっと高めのカフェで頼んだら結構高かったりするので悩む選択であります。


ということで、雰囲気はどうでもよけりゃあ、おススメはマック・カフェ

日本ではどうかわからないけど、マックもオシャレに??なりつつあって、新装オープンしたら本当にモダ~ンな造りになってる。個人的にファーストフードの食事を利用することはほとんど無いけれど、横っちょに併設のマック・カフェに友達と座った時、カフェ・ヴィエノワは思ったより安かった。こんなまがいもんのコーヒーの品質なんてどうだっていいし、マックでよけりゃ、おすすめ。

※画像はマックのヴィエノワじゃないよ!



resto110110_8.jpg

一昨日18℃くらいあったのかな、今日は寒かった~~~!!

[ TB*0 | CO*0 ] page top
地震を機に再連絡する
久しぶりの友人から大丈夫かと電話があって、地震を機に連絡するなんて本当にバカだと自分を罵ってた。
リヨン時代の友で建築を目指してた。かれこれ13年くらいの付き合いとなるか。パリ人ではないし事業主なのでそうそう会えず、最後に会ったのは2007年か???
きっかけは何であれ、それでもそうやって電話してくれるだけでmerciでございます。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/03/15(火)   CATEGORY: 世界 le monde
フランスからみる地震
L'Express.frでの配信を見ていたけど、ここが元なんでしょうか;

Ustream
http://www.ustream.tv/channel/tbstv


カナダ人友が日本の番組がライブで見られるのが知りたい、NHKワールド以外、って言うので、これを教えといたけど、放送は日本語ですけどー。あんた、日本語できないじゃん、と言ったが、最新画像や、フランスや世界で伝えられていない部分、雰囲気を見ることができるとのことで。

友人、ジャーナリストなので、目線がまるっきり職業。持論をめちゃ述べてくれ、日本人のワタシと話すことがどれだけ価値のあることと思っているので、もちろんワタシにとっても今、最大級のエソンシエル(ド真ん中にあるポイント)なので、日本人の代弁をする気分になりながら話す。

私個人の意見でも、彼にとっては全体的意見として聞こえる可能性が当然あるので、注意して話す。
それから、ワタシの家族や友人達が実際に生きた体験を伝える。

これはどの国籍の人に対しても同じことで、ワタシは伝えることで何とか自分を保っている気がする。


疲れるー。

勝手に何かを背負い込んで、ひとりで勝手に疲れて、昨日、友人(上記カナダではない)と険悪なムードになった、しかもショートメールのやりとりで。
皆がワタシの心配なんかしてくれて、ワタシなんかどうでもいいんで、苦しんでるのは辛いのは、ワタシじゃない!と。で、母国から遠く離れて、遠くの家族のことが気がかりだろうからそれが心配なんだからと言われ、それで「心配心配言うな」と思って。
日本人にはあまりにも哀れみを覚えて辛いそうな。今日、なんとなく仲直りしました。。。

が、自己制御がやや狂ったかと気付きブルー。



上記カナダ人ジャーナリストは、2度旅行で行ったことがあるということで、日本のことはほんの少しは知っていて、まずは大好きな国であり、こんなにダメージを受け、心が痛くて仕方がないとのこと。

また、最新のテクノロジーを生み出す才にあふれた国、そして被爆国である日本で、原子力に替わる発電をナゼ開発してこなかったのか、無駄な高速道路なんかばんばん造ったくせに、と。

ワタシが、津波(波)のパワーをエネルギーに替えるってのはできないのかねと言ったことで、それが可能かどうかはさておき、そういうアイデアを現実にできる国の生産力があるのに、何か試みたのだろうか?と。必要に応じて、小さくて環境に優しくて、無駄な消費の無いミニ自動車なんか造ってきた日本は、それができたのではないのかと。

もう古くて稼動に支障があるような原発にしがみついていた日本は、テクノロジーニッポンとしてあるべき姿だったとは到底、思えない、との見解なのだ。ビオとかエコライフとか、そんな個人レベルの話とは全く別に、国の姿としてどうかと。

それから、なぜもう少し内陸に住まないのか?と素朴な疑問。
まぁどこ住んでも地震はくるし、山を切り開かなきゃいけないし、何千年も前から水のあるとこに文明は生じているわけで、彼もそれは当然承知なんだが、そう思えずにはいられないんだな。



皆、何かこうやりきれない思いをそれぞれに抱えて、どうしたらいいのかなってそれぞれに考えています。


[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/03/13(日)   CATEGORY: 世界 le monde
フランスで地震情報を
時事ドットコム「プレミアム写真館」で、曲がった東京タワー画像を見つけた。
ショッキング。
↓↓
東日本大震災の影響で頂上部のアンテナが上から3分の1の部分でわずかに曲がった東京タワー。直ちにエレベーターを停止して営業を中止、観光客は階段を下りて脱出した(東京都港区)(2011年03月11日) 【撮影=渡辺毅】
http://www.jiji.com/jc/pp?d=pp_2011&p=latest-photo116

時事ドットコム
http://www.jiji.com/



L'EXPRESS.fr TBSダイレクト USTREAM あり。
↓↓
http://www.lexpress.fr/actualite/monde/japon-les-videos-du-seisme-et-du-tsunami_971155.html

L'EXPRESS.fr
http://www.lexpress.fr/
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/03/12(土)   CATEGORY: 日本 le Japon
パリで得る地震情報
フランス時間11日の朝、出かけるので準備しているところへフランス人友からメッセージを受け取った。わざわざ教えてくるなんて、結構大きいのではないかと思ってネットを繋ぐ。その時点でフランス時間AM9時ころ、日本時間の当日17時ころ。東京に行っていた両親が岡山に帰る日だったかなと思い、母にメールのみ送って出かけた。
気分がざわざわして、1日出っぱなしだったので、フランス人、韓国人、ベネズエラ人、ブラジル人、アメリカ人、ロシア人、、、と国籍様々な友人達から家族は無事か、知り合いはいるか、とメッセージや電話がどんどん入るが状況がよくわからず。カナダ人ジャーナリストの友人が、津波が襲ったことを教えてくれる。友人が東京に住んでいるという韓国人の友は、東京もすごく揺れたそうだと言う。
夕方に友人に電話して300人が亡くなってると聞かされ、えらいことが起きたと実感する。

在仏日本大使館から緊急メールが入って、状況を伝えてきたりしている。

地震後、テレビをつけていないので主にネットと、家族友人達からのメールでの情報収集だが、とにかくフランス、および世界中でコトの重大さを伝えている。


グーグルフランス
http://news.google.fr/news?pz=1&ned=fr

「南三陸で1万人行方不明」を伝える。
http://tempsreel.nouvelobs.com/actualite/planete/20110312.OBS9522/seisme-au-japon-10-000-personnes-disparues-a-minamisanriku.html



ヤフーフランス 時事
http://fr.news.yahoo.com/

日本時事
http://fr.news.yahoo.com/fc/japon.html



テレビTF1サイト 新しい情報が入るたびに更新されていく。
http://www.tf1.fr/



動画は主にBBCで見ている。
http://www.bbc.co.uk/




9000人ほどのフランス人が日本に暮らしているそうだが、仙台方面に住む25人の安否をフランス大使館が確認中らしい。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/03/06(日)   CATEGORY: 食 l'alimentation
パリの赤いフルーツタルト巡り
パリで人気の有名チョコレート屋、お菓子屋。

に、ほとんど行ったことがない。もちろんラデュレのマカロンはもらったり、およばれで食べたことはあるし、メゾン・ド・ショコラに行った時にホットチョコレート(すごい濃厚ショコラ!)を1杯ごちそうになったこともある(ただし業務で行った。)。

が、ほんとに高いィ!

メゾン・ド・ショコラにせよ、マルキーズ・ド・セヴィニエにせよ、チョコレートの一粒が宝石のようで、なんて表現するんでしょ。とにかく高級品。

でもワタシ、カカオアレルギーが疑わしいし、マカロンにも興味がない。

お菓子で言うなら、いちごのタルトとか、フランとかー。
赤いフルーツ好きなのでそういうケーキの類は、超疲労時に食べることがある。


こんなに並べると気持ち悪くなりそう!
ここ半年以上で食べている記録、主にタルト、より。


rouge101026_2.jpg

rouge100707_2.jpg

rouge1219_11.jpg
↑これは血みどろの山のようだけど、やはりフルーツパワーで案外さわやか。マレ地区のはじっこ辺り、Roi de Sicile通りが始まるところ、広場に面しているパン屋。

rouge1124.jpg
↑パン屋ジュリアン(パリに数件あるかも?)の、サン・マルタン通り店。長い通りなんだが、シャトレ寄りの方。
何だったかこのフルーツは。。ダークチェリーみたいなもんか??


↑結局、とてもとてもスタンダードないちごタルトが良かったりして、チェーンのブリオッシュ・ドレなんぞ。ただし、「シーズン以外はいちごタルトは無い!」
そんな気取ったカフェとは思えませんがね(呆)。


[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。