FC2ブログ
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/12/29(水)   CATEGORY: 食 l'alimentation
トリのまるやきは家庭で
せっかくなので七面鳥まるやきの画像。



生きたのを買ってきて羽根をむしって、血を抜いて、、、とかやるわけでなく、捌いてあるのをぼーんとオーブンに放り込むだけなので楽とも言えるがー。

なお、鶏(七面鳥)には栗クリームってのをつけて食べたりもする。
ノエルだけか、いつでも、かわからないが。



別の機会の鶏のまるやき。

torichzmik100320_3.jpg つきさす
torichzmik100320_5.jpg 放りこんでグルグル回る
torichzmik100320_10.jpg こんがりする
torichzmik100320_15.jpg ウヘェ。。
torichzmik100320_17.jpg いただきます!



※「焼き鳥」テーマで投稿です!ちょっと違う気もするけどー。


スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/12/28(火)   CATEGORY: せいかつ la vie
ノエルも過ぎていよいよ年末へ パリ・思い出しノエル画像
あっというまにノエルも過ぎ去ってしまった・・・。
一生懸命生きていると、あれもこれも、それもどれも、やってしまおうと思ってしまって詰め込む詰め込む。

n101219_53.jpg ギャラリーラファイエット

n20101219_15.jpg



ノエルは七面鳥やシャンパンやワイン、ブラジル人作の小さなお菓子(フォンダン・ショコラのようなものかー。ブラジルではどんなパーティにも必ず在るそうなノスタルジーお菓子らしい。)とか、ワタシはマキ(巻き寿司)も作ったり、腹一杯な夕べだった。メトロはあるがちょっと郊外に行ったため、なんだか異様に寒く、凍てついて、道路の凍結とパリよりも嵩高く残る雪の量と、閑散(夜だから辺りは静か。)、この雰囲気が非常にシベリアっつか、ソビエトな感じがした。凍死できる気がした。


n101219_41.jpg プランタン

n101219_35.jpg

n101219_31.jpg

n101219_29.jpg



雪が続いたパリ。寒波が襲う欧州で、シャルルドゴール空港は15~30%ほどの推移でフライトキャンセルになっていたが、今日のニュースで、10,000個ほどスーツケースが紛失してるとな。
「もう10日も探してるのに出てこない」などとインタビューに答えていたりして。

か、かわいそうに!

陸路でスーツケースを”呼び戻したり”してるそうだが、そりゃ時間かかるでしょう。いつの日にか出てくるか、地球のどこかに沈んでいってしまって、ノエルのカドー(プレゼントなんかもどこかに行っちゃうんでしょうかー。

き、きのどくに!


今日は雨で、やや気温は上がっている。が、ノエルに雑魚寝したのでまたノドにきたー。

n101225_8.jpg 近所の教会、サン・ジェルヴェ

n101225_2.jpg キリストが。

n101225_7.jpg
何が起こったのかと衝撃なほど真っ暗。画像加工して微妙に見えるようにしてみたが、、見えないか。周歩廊の奥の方でシスター達が祈りを捧げる25日、ノエル。



noelnd101225_12.jpg ノートルダム



さて、ノエルが終わったら、というかその前から、31日はどーする、どーする?ととっくにそわそわし始めているパリ。仏人はノエルに家族と過ごす場合が多いので、31日はパーティで友達と騒ぐパターン。
が、仏人は面倒くさがりも多く、「ねぇねぇ、31日どーすんの?」と聞いてくるばっかりで、ノー・プランな人も多い。オイ!何か考えてくれ!








[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/12/20(月)   CATEGORY: 街 la ville
パリ・ノエル風景シャンゼリゼ方面
今年も街中、イルミネーションでぴかぴかです、パリ。

noel101211_20.jpg シャンゼリゼ大通り

noel101211_36.jpg
高級メゾンの並ぶ通り、モンテーニュだっけ?
ぼんぼりイルミネーション。昨年、レ・アールにあったような気がするがー。




さてさて、冬の楽しみといえばノエル市。この時期になるとあちこちににょっきり出没して、ノエルな買物もできるし、ただの物産展みたいな海外の品物とか、ま、ラインナップは色々。シャンゼリゼやラデファンスの市がパリでは大きいか。

noel101211_48.jpg

シャンゼリゼのノエル市で友達が子どもに「ぬいぐるみカイロ」をゲット。ぬいぐるみの中にラベンダー屑が詰まってて、レンジでチ~ンとやってあっためる。カイロか湯たんぽみたいにそれを抱っこするなり、寝る時に足元に入れたりするんだな。

アイデアは別に否定も肯定も無いが、タイミング悪いとついでにレンジの匂いもプ~ンとしそう。飛び散った食品片も、その都度、加熱されると再び匂いそうだしね。


noel2010_53.jpg

こんな炊き出し屋台がたくさん! しかしフライパンがでっかい。でっかい。でっかい!「普通サイズのホットドッグください!」

noel101211_59.jpg

noel101211_57.jpg

チュロスがにょろにょろ出てくるとこ(下に落っこちて揚がる。)。人が蒸気で隠れております。このチュロスがなんとオイリーなことか、砂糖たっぷりで。1本で胸焼けがしてくる。友人達がパクパク喰う。グエ~。



とにかく近ごろ寒!!

雪じゃなければ雨、といった具合に、常に何かが降っております、そして風も強くて、なんか飛んできて頭にガツ~ンときやしないかとどきどきしたり。これはゴム長靴が必要なのかと自問自答の日々。ウッスラ凍った地面は非常にすべりやすく、腹立たしいのは、適当に舗装された歩道ってのはゆるく車道方向にななめになっていること!
このブログ、ななめ姿勢ですがね、ゆるいななめの歩道は最低。超!超!歩きにくい。その傾斜がすべるんだっ!

ご用心あれ!


[ TB*0 | CO*0 ] page top
フランス、情報量&ネット感覚
DJ Matías Aguayoのことを調べていて、ついでにミニマル・ミュージックについてもウィキっていて、フランス語の方の情報量に笑う。多い!!

「Musique minimaliste」
http://fr.wikipedia.org/wiki/Musique_minimaliste


テクノ大国だし、とはいえ必ずしもテクノとミニマルが連動しているのではないけれどとにかく!全く読む気にはならないほど長い。。


日本語版ウィキも情報量の多さがすごいと聞いたことがあるような気はするけど、それはネットワーク浸透量とも関係することなので、フランスにおいて「そ~んなにネット依存しとらんでしょう、パーティとピクニックばっかやって、カフェでおしゃべりが最重要のコミュニケーション、あとはヴァカンスに出かけて~」なんて思ってると、ところがどっこい!!

フランスでのネット浸透パターンっていうのは日本とちょっと違うんじゃなかろうか。
そうはいっても生身のぶつかり合いが大切であるフランス。情報を集めるのは、”そこへ行く”、”参加するため”である。「お出かけ情報系」サイトがどんだけ多いことか。。。そして、必ずしも友達と連れ立って行くばかりでもなく、同じ興味を共有するために、新規開拓するために、知らない人との集まりへ飛び込むことを臆さない。それが輪を広げることであり、新境地を広げることで、いつも同じメンバーとつるむ一方、他を探すことにも案外貪欲。

もちろん普通に調べものをするにも多分にご利用。それは国の差はないでしょう。
パイナップルってどうやって剥くのがベストだ!?とある日、仏・友人と迷い、そんなもん適当じゃ~と適当に剥かせたけど、後で「ウィキりたかった!」と言ってた。なんでもかんでもウィキ。



ところで、表面的な関係ばかり増やして電話帳を膨らませていくだけのフランス人もいっぱいいて、まぁ、それが良いとか悪いとかではないが、あまりにうわべだけなのが見え見えで、「あいつ、膨大な電話番号コレクション持ってるけど、友達いないよね」と陰口たたかれてるヤツとかいる。


フェイスブック率も非常に高いし、ネット上に本名をさらけ出すことに躊躇ない人間がものすご多い。本名、写真どころか、CV(履歴書です)、も厭わない。それゆえに平気で「Cc」で何十人もに宛ててメールを送りつけてくる。「Bcc」っていうものの存在を知らんのか。。。


ところ変われば。
国が変わればネット事情も変わるもんだ、まさに”世界中”を繋ぐネットだけど。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/12/13(月)   CATEGORY: せいかつ la vie
パリ寒!
ところで今日はすんごい寒い!
風が冷たくて顔が寒すぎる。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
雪でストップじゃなかった注文品
ちょっと昨日の続き。

雪でストップしてるか?と思った国内北部への注文品だが、確認の電話をしたところ、まだ発送されてないと!たた~ん。

「え?発注手続きがちゃんと通ってなかったです?(ネットでの注文のため。)」
「いえ~、そうでないんですけど、、注文がいっぱいあってですね」

ただの怠慢じゃねぇか。

ま、そんなことでいちいち腹立ててると生きていけないので、というか、本気で激怒することはこの程度のことじゃないので、どうってことない。対応も感じよいし。←これは高ポイントで、どんだけムカつく対応が多いことか。まちがっても客は神様じゃないからね、「申し訳ございません!!!」なんて日本みたいなぺこぺこした態度はいっっっさい無いのでね。

なので、「えっ!どういうこと、まだ発送されてないなんて!!」と怒ってもムダ。ここは「あ、そうなの?雪でストップしたかなと思って心配しちゃった!まだ出発してないならむしろ良かったかな!」と言っておく、冗談とも本気とも、どっちもです。相手は電話の向こうで苦笑い状態、「イエ、雪のせいでは・・」


ということで、「明日、発送、木曜には到着です!」

って、完全に商品も揃ってるし、怠けてただけでしょ。

まぁいいや。


あとはフランス郵便局の怠慢がどう絡むか、それはまた別の話。


[ TB*0 | CO*0 ] page top
雪ですぐマヒなフランス
yuki101204_4.jpg 今月4日

yuki101209_2.jpg 今月9日


雪がよく降っている感じはある。
先週水曜、非常に足元がつるつるな危険状態に。夜出かける用事というかお誘いが2件あってハシゴしようかと思っていたが、ハシゴどころかキャンセル。昼間ですでにつるつる度が高レベルになり、夕方、必死で帰ったので夜また出るなんて身の危険を感じた。

なんのその元気に駆け回っているが、時々ごろごろいう咳がまだ出る。
今年は寒くなるのが早すぎないか?なんて声を耳にするけど、どうだかわからないがー。


翌朝木曜が上記画像。凍って車もタイヤがぐるぐるして軽く滑る。しかしどろどろで汚い雪解けだな。


雪がちょいと降るとすぐに麻痺するパリ。
フランスでは天候のせいで、交通のみならず、あらゆるシステムが平気で停滞する。

ドイツ人が、パリって都会なのにちっとの雪ですぐおたおたして、何も対応できないんだ、パリのくせに全然雪慣れしてないんだ、ドイツは大丈夫だけどと言っていて、う~ん、あんたのお郷とパリは全然違うがな、と思う。そもそもパリは雪深い街ではないし、、、どこにだって雪慣れしない大きな街はいっぱいある。

イギリスからの輸送が遅れていると耳にしたが、ワタシそういえばブルターニュの方から待ちの荷物があった、業務物だけど、これ、まんまと雪に巻き込まれてる気がする。
は~、まぁ3ヶ月くらいしたらひょっこり届くかもね。




[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/12/06(月)   CATEGORY: せいかつ la vie
着込もう
寒い話ばっかりもつまらんが、寒い日々の続くフランス。パリは1℃くらいだが、地方はドカ雪になって停電したり。この寒いのに! クレルモンフェラン辺りニュースでもずいぶん雪だった先週。アルプス方面の友人から雪40センチだとか報告が。
今週はどうでしょう、今日は雨っぽかったパリだが。

yukiyadori101126_3.jpg

yukiyadori101126.jpg


ワタシは先週あっさり風邪っぽくなって、週末にゆったりのんびり・・・しないで朝まで飲んでたりしたので少し悪くなった。が、何のその。薬物投与でがんばる図。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。