FC2ブログ
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/11/30(火)   CATEGORY: せいかつ la vie
寒いよパリ
昨夜はMac天気パリ4区に「ー6℃」と出ていたので、マジで!と目から寒くなったが、ふ~っ、今日も日中寒かった。。

まだかろうじて11月ということで、今120%冬装備にしたら今後どうなる、と、寒くないフリしてみてたが、気温で判断しなきゃだめだな。もちろんセーターに、昨冬マルシェで買った南米アルティザナルの、アルパカのマフラーでグルグルだがそれでもまだまだ。本当に顔がチリチリするほど寒かった。今も「ー2℃」と出ている。地方ではドカ雪で停電したり、家禽の柵が雪で押しつぶされたりして、ジビエ料理に影響出るか!?
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/11/30(火)   CATEGORY: 食 l'alimentation
アフリカにすっぽかされて
スキマ時間に友人を呼びつけてランチに走ったが(前に書いたアフリカ食べに。→「パリで味わうアッフリカ」http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-561.html)、先週、改修工事するっていうんで入れなく、11月23日に新装オープンとなっていたので、もうとっくに終わってめでたく食べられるだろうと思ったら、なんとまだ終わってなかった!!

というかね、11月30日新装オープン!にスリ変わってた!!

でも待てよ、、、それは「今日」では?

夜から開くってのか!?
いや~、超いいかげんだ!!
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/11/27(土)   CATEGORY: アート l'art
建築と芸術と現実の境目
1℃付近をさまよっているパリ。昨日は雪が水平に降っていたし(風で飛んで)、最近の冬は雪が多く、それでも「あったかくて雨のノエルは死ぬほど最低」とよくフランス人達は言っていて、だから故にまぁ冬は寒い方がよいでしょう。それが健康的な感じがする、地球にとって。それがナチュラルではないかと。

自然を大切に、と大ざっぱな標語はさておき、友人建築家が公募展に出品したいから企画に参加してくれないかと言う。ヴォージュ県(アルザス辺りの横っちょ)の国立公園に設営する「オブジェ」の公募で、建築でなく「オブジェ」というのは、「建築」「建物」に縛られず、アート感覚満載の「オブジェ」でも、グラフィック計画でも、出品作品としては広いアイデアで迫ることができるというもの。

そしてもう世の中、エコ以外に興味はございませんとばかりに、トラディショナルな建築法、これはナチュラル素材を使いつつ、日本の仕口みたいな建築法をとる自然にやさしいものを求められ(セメントやプラスチックや石油なんかは使わないってことね)、その伝統面を守りつつ、なおかつ前衛的で斬新、幻想の域に入りそうな、現実を逸したような、そんな「オブジェ」を求めている。

ワタシは建築関係者ではないが、大昔リヨンで建築系大学準備クラスを一部、受けたことがある。パースペクティブとか、プロジェクトのトータルプレゼン法をやったくらいで、今現在何の役にも立ってないが。

どうせテクニック的なことなんてわからないし、基本的には友人が進めるので、今回の国立公園の企画については「建築の枠に縛られないアイデア」ということで、友人がアイデア練りにグラフィック~アルティザナル方面のワタシを利用したいだけなんだが、実現可能かどうかを全く無視して無責任にあぁだこぅだ勝手なアイデア言う分にはイメージが限りなく広がっておもしろいもんである。


[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/11/24(水)   CATEGORY: 世界 le monde
異言語
ブラジル人とスペイン人はフランス語で話しする。それは日本人と韓国人がフランス語で話すのとはちょっと状況が違うけど。お隣だからって違う言語であるのは、ならばブラジル(ポ)とメキシコ(ス)だったら。ご近所だけど、フランス語で話す。

で、何か変なのは、ポルトガル語圏はスペイン語を聞いて何となく理解できるんだそうだけど、逆のスペイン語圏はポルトガル語を聞いてもよくわかんないんだそうな。これは実際にブラジル人とスペイン人の会話中にそう言われたので、そんなもんなのかなと思った次第だが、でも別の機会にスペイン語圏のベネズエラ人にポルトガル語がわかるかって聞いたら、まぁわかると言っていた。勉強したわけではなかったと思うけど。似た単語もたくさんあるわけで、中国語と日本語のようにオーラルでは全く理解できない、というのとは異なる。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2010/11/14(日)   CATEGORY: 食 l'alimentation
パリで韓国を味わう2レストラン
韓国人友が夏の間、韓国レストランでバイトしてたので、ここぞとばかり食べに行った、思い出しレポート。
一緒に行った日本人友が少々弱っていたので、アジア料理で栄養補給できてよかったよかった。


これ、韓国もよく飲む麦茶

coree100818_2.jpg
ワタシ達それぞれが頼んだメイン。上、肉肉しいですがナムルの野菜と共に。下、ハルサメの炒め物(?)。両者ウマい。

coree100818_5.jpg
おまけでつけてくれたデザート、雪見だいふく。。みたいな。もちアイスみたいなもの、小豆系とチョコレート系。


いっぱいおまけしてくれたので、基本的にはランチメニューなんだけどいくらなのかもうわからず。
マレ地区の静かな通りにあって観光客はあまり来ない。地元の働く人や、顔馴染みが来るといった感じ。オサレなマレだけあって、モダンでシャレた内装でっす。

coree100818_6.jpg


*****

参(このブログ内):
「パリで韓国を味わう1お菓子」
http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-566.html

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/11/13(土)   CATEGORY: せいかつ la vie
フラン酢でカビ掃除
フランス、乾燥大国。

そう、乾燥はしている。だけど場所柄や、部屋の向き、空気の通り、色んなことで湿っぽい空間となったりもする。ウチは陽があたらない。よりによってマレ地区(意味としては”湿地帯”)でもあるしー、風呂もミニバスタブがあって、空気がこもりがち。常に開放状態だが、すみっこのほう、タイルの目地にカビがくる。これがごしごししても落ちないし!

カビ対策には酢が良いなんてよく聞く(※日本のメディアで。)ので、ウチの風呂のカビを酢でやっつけようと思い立つ。パワフルな洗剤買ってきてもいいけど、苦手な酢で掃除なんて自然派を気取ってみることにする。

一番安い酢を購入。これでスッキリ落ちるなら安いもんだなぁ。期待。

夜、キッチンペーパーを酢に浸して、バスタブ周囲のタイルとの間の目地に敷き詰める。
実はカビはここだけ。他のところにはほとんどなくて、手抜き作業のここの目地だけが、剥がれるわ、カビだわ、頭にくる。


さて翌朝。
喜んで湿布をはがす。

・・・。


ぜ、ぜんぜん落ちてねーよ!!!


何だろう、フランス酢はダメなのか??? と、げんなり。
魔法のようにつるつるになってることを期待したのに、何だこのザマは!
こんなに酢クサいのに、そんなことってアリ?と歯ブラシでごしごしする。

と、全てスッキリとはいかないながら落ちた。
う~ん、何か気分もスッキリしないが、この湿布作戦は何回かトライしてみる。


それにしても酢って強烈。。。大量破壊兵器になるよね。


M6(テレビ)の番組で超キタナイ部屋を掃除するものがあって、自然な掃除法も紹介していて、よく酢とかレモンとか、出てきてたなぁ。ちゃんと見とけばよかったかな。
(でも熱意ない。ワタシはエコライフ派じゃない。)



[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/11/12(金)   CATEGORY: 世界 le monde
パリで韓国を味わう1お菓子


寒くて雨な天気の続くパリ。でもまだまだヌクいな、これから厳しくなっていって、橋渡るのが辛くなる(セーヌの上は風がびゅうびゅう吹いておそろしくサブい)。


kankoku101112_3.jpg

韓国人友がくれた韓国お菓子。

韓国版“サンクスギヴィング”(と友人が言う。)のお祭の、お祝いお菓子をお裾分け。韓国から家族が送ってきたんだそう。お祭はトラディショナルなものらしいけど、一時期下火になっていて、また復活してきたらしい。だもんで、こういったタイプのお菓子はどこででも家の近所で買えるのかっていうと、そこそこデパートのようなとこまで行くらしい。小さなひとくちサイズですよ、ところがどっこい、これともうひとつ別タイプのを試してみたら、死ぬほど甘くて1個食べるのも一苦労。砂糖より甘いものがこの世にあるのかって思うけど、ハイ砂糖より甘いんですわ。あ、考えてみれば、アラブのお菓子も死ぬほど甘い、あれとそっくり!!!

このカラフルお花のようなのも同じ激甘だろうかしら(怖)。。。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
ウィンタータイム
パリは次第に秋深く、というか、冬でしょうか。今Macのお天気表示では、パリ4区は3℃と出ています、で、今週はずっと雨マーク。
今フランスはちょうど日付がかわって0時、月曜になったところ、先週末サマータイム終了となって、日本との時差は8時間になった(のか?)。

 パリ市庁舎前
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。