FC2ブログ
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/07/23(金)   CATEGORY: せいかつ la vie
「2円ください」
パリ17℃

と出ているけど、なんか肌寒いパリです。
雨もパラッとして、半袖じゃトリハダたってしょうがない。太陽に当たりたい。

***

今日、スーパーで、歯に矯正したガキんちょに呼び止められた。
女の子ふたり組で中学生くらいか。

「この絆創膏買いたいんだけど、お金足りなくて、2サンチームくれませんか」

!?

「は? 小銭交換してほしいってことじゃないわけ?」
「この絆創膏、○○ユーロ、高くないものなんだけど、2サンチーム足りなくて。くれませんか?」
「ん? あげることはできないよ。サヨナラ」


なんだこれは!
メトロの金せびりじゃあるまいし、くれ、って!
そりゃ、2サンチームって2円くらいのことだけどそういうことじゃなくて!
本当にお金ないのかどうかもわかんないし、その感覚って何なんだ。
子どもな考えってだけ??



スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/07/18(日)   CATEGORY: シネマ le cinema
フェスティバル パリ・シネマ終了感想
今年のフェスティバル パリ・シネマ(2010年7月3日~13日)
http://www.pariscinema.org/

は、日本が招待国だったということもあり、何本か日本映画を観た。それから招待俳優にLouis GARREL(→「ルイ・ガレルに遭遇」http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-12.html)が入っていたので、作品紹介で本人と製作チームがMK2ビブリオテックにやって来た時に行ったのを含め(理由は知らないけど30分押して始まって頭にきた。予約客とか関係者がのうのうと遅れて入ってきて、べらべらおしゃべりしたり、席を立ったりするのがムカムカ。)、何本か観た。

 よく見えないが右端がLouis GARREL

pariscine2010.jpg 公式サイトの画像



今回、いろいろ見たいとは思ったがそんなに映画三昧もしていられず、適当にしぼる。
その中から数編のご紹介。


ざくろ屋敷
http://www.lagrenadiere.jp/
「La Grenadière」http://fr.wikipedia.org/wiki/La_Grenadière
ということで、1832年のバルザック作品を題材にしている。
ナレーション付き絵本を見ているような気分になる。いつもの癖で画面に集中しすぎてストーリーを追えなくなり、やや意味がわからなくなる。
CG処理はやりすぎない程度といった感じだったので、でも陽光が燦々とふるピアノの室内が薄曇ったり、病床が非常にゆっくり速度で明度を落としていって暗闇に沈んでいき、ほぼアウトラインだけが浮かぶ様などは、ほとんどプシコロジックな効果といった印象で、スゲェと思った。


川の底からこんにちは

英題:SAWAKO DECIDES

監督:石井裕也
http://kawasoko.com/

pariscine100707_4.jpg 監督(左)挨拶を聞く(質疑応答)。





アニメーション含め、短編映画プログラム:
Programme courts métrages japonais
http://www.pariscinema.org/fr/film/fiche-film.html?film_id=2859


Down, Shinji Aoyama
Wish you were here, Shinji Aoyama
「青山真治監督、短編「DOWN」でダメ人間へエール」
http://eiga.com/buzz/20100612/4/


Hand Soap, Kei Oyama
Nami, Kei Oyama
Yuki-Chan, Kei Oyama
大山 慶
kei oyama official web site
http://www.keioyama.com/index.html
オフィシャルブログ >「パリ映画祭」
http://d.hatena.ne.jp/keioyama/20100629/1277799005


Hell Teacher, Manasori Tominaga
Nocturne for Machiko Kyo, Manasori Tominaga
フェスティバル パリ・シネマは「まなそり(Manasori)」とタイプミス。まさのり(MASANORI)です。
冨永昌敬
PUBLIC-IMAGE.ORG
(インタビュー)
http://www.public-image.org/interview/2007/11/08/masanori-tominaga.html

相対性理論「地獄先生」
http://www.youtube.com/watch?v=2Ugkoi1BeEA

「京マチ子の夜」(2005) 菊地成孔
http://www.youtube.com/watch?v=vZTtgBbala8


La Maison en petits cubes, Kunio Kato
仏語タイトルを見ていてピンときていなかったが、そうだった。映画が始まってから、これはもしかして?と気付く(この度、初めて観た)。
「つみきのいえ」加藤久仁生
http://www.robot.co.jp/tsumiki/


She and Her Cat, Makoto Shinkai
新海誠
http://www2.odn.ne.jp/~ccs50140/index.html


Shikasha, Isamu Hirabayashi
平林勇
http://www.hirabayashiisamu.com/


pariscine100706_13.jpg


このフェスティバル、基本的には5ユーロで映画が見られる、ということで、それからたくさん見るならパス購入がお得で30ユーロ。昨年は25ユーロだったような。結構パス購入者は多く、そしてじゃんじゃん見る、といった感じ。みなさん(仏人)、映画好きだね基本的には。
なお、テレビ嫌いも逆に多く、フランスTVはつまらない、くだらなさすぎるから、見るなら映画の方がいいやい!という意見も頷けるかも。DVDや、アヤシいダウンロードで映画を観たり、それから、アメドラはやはり人気。

映画鑑賞も高くなる一方なので、こういったシネフェスに集中したり、劇場グループのパス購入者が多いのもよくわかる。考えてみれば日本でも映画1本見るのに一般1,800円くらいしなかったっけー?? ・・・高!!
それに比べりゃ安いけど、けど・・・

[ TB*0 | CO*0 ] page top
フランス革命記念日、今年もカトルズ・ジュイエ
テレビ中継がずっとサルコジを追いかけて、軍事パレードが9:30から始まり、14日は始まる。
ひんやりどころか寒い朝となり、カーディガンを忘れたワタシは終始トリハダをたてる。ふったりやんだりの雨で、それもずいぶん大ぶり、パレードの軍関係者もずぶ濡れとなった。



サントノレ通りとサンフロランタン通りが交差するところ、コンコルド広場と同緯度なので警備が厳重になり、リヴォリ通り(コンコルド広場方向)や、ロワイヤル通りの方には進めなくなる。迂回してマドレーヌ通りの方には行くことができた。

10:30ころ、雨宿りしてマックスマーラー辺りの軒下にいるとキィ~~~ンと爆音がする。あ!来てしまった!と逃す自分。しまった、案外、これを目当てで来てるのに!

100714_6.jpg

何ってまぁ戦闘機の類で、波動がすごくてこのセンセーションはちょっと普通じゃない。その先頭をいくのがトリコロールカラーを噴射しながら行くのだけれど、それを逃す。戦闘機・戦車マニアではないですが。

100714_8.jpg

その後も続々と飛んでいく。
飛行物体はシャンゼリゼ大通り上空をそのまままっすぐ、続きのリヴォリ通り上に抜けていくので、リヴォリ通りに残っていたかったわけ。
ちなみにアンヴァリッドの公園に戦闘(ではないかも。新型の)ヘリ等のエクスポジションしているらしい。パリのあちらこちらの広場や公園で、この類の戦闘expoが繰り広げられているようなので、興味のあるかたは行ってみるといいかも。

100714_24.jpg

ドシャぶる雨。



12時すぎてパリ市庁舎の方へ戻ってきたところ、気配を感じる!
何の!?
馬の!

100714_49.jpg

馬も見ておきたくて(どういう希望なんだか・・)、例年、サントノレ通りの方ではパレードを終えた馬がぱからぱから、家路についたりするんだが見かけなかったので、あれぇと思っていたが、これは多分、バスティーユ近くにある馬場(ミリタリー関係の)に帰っていくのでは?と考える。


100714_48.jpg ツヤツヤな馬



いつも思うことですが、この「軍事力見せつけ」イベントの良さはわからず。日常と変わった風景を目にするのは興味深いことだが、それ以外何ってー。ミリタリーに入った子どもの晴れ姿を見に来た親のインタビューなんかテレビではやっていて、それはそれで微笑ましい・・・?、が、アフガニスタンで怪我を負った車椅子の軍曹だの、インタビュー聞いても何だか世知辛いだけ。
毎年このパレードの後に開催される、サルコジ主催の祝賀パーティが取りやめとなったことはニュースで知れた話で、莫大な費用を注ぎ込むイベントひとつ無くしたところで、誰が救われるというんでしょ。や、いい決断だとは思っております。

この後、夜はエッフェル塔、トロカデロでの花火だよ~~~



***** 過去の7/14 *****

セーラー服と赤ポンポン(2007)
http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-184.html

ひきつづき革命 ~前夜祭~(2007)
http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-175.html

軍事パワー! (血みどろ)フランス革命(記念日)(2007)
http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-174.html


2009, 7/14、長い一日。いつもの軍事見せつけ
http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-449.html


[ TB*0 | CO*0 ] page top
スペイン戦をエッフェル前で観てきた
クップデュモンド(ワールドカップ)開催中、トロカデロに大型スクリーンが設置してあって試合が中継されていたことは知っていたが、まぁそんなとこまで行かずとも、、、と興味を示していなかったワタシ。それがあろうことか最終試合を観に行ってみた。



こんなに人がいようとは、、、とアテを外したにわかワールドカップファンの友人。サッカーにとりわけ興味はないが、どういうわけかワールドカップだけはちょっと気になるらしい。やはり世界の祭典か?

友人はタコ予想(もちろんフランスでも話題沸騰)を尊重してスペインが勝つといいが、有頂天であまりに自尊心を丸出しにするおバカな大群スペインが一気に落胆する姿を見たくもあるので、オランダがんばれ、と矛盾予想をしていた。ちなみにワタシはあろうことか真っ赤なワンピース、友人は若干スペイン顔で、なんか、スペイン応援チームに入ったようだった。ワタシはドイツがいくかな~なんて思っていたので、もうどっちでもよくて。

とにかくトロカデロに行き着くまでにへとへとになるが(メトロが混み合って)、なんとか現場へ。トロカデロの噴水のあるところへスクリーンがあって、もう噴水のあるレベルへは近づけなく(人と警備で)、その脇の芝生辺りでウロウロするが、なんとか見えるところはもうすごい人。花見のようにゴザ持ってピクニック気分で、みな場所とりしたんだろうなぁ。。

cupdumondfinal100711_8.jpg

とにかく「そこのお前ら、座れ!! 見えねぇじゃねーか!」と後ろの方から、前の方で立ってる人間に向かって罵声を浴びせたり、ペットボトルが飛んだりして内紛状態。おまけにヤクブツのニオイも漂うし、なんだか殺気立つというか、もう人が多すぎて何が何だかわからない!

結局、いつ始まったのかもわからないくらいスクリーンは遠いし見えないし、そのうち諦めて芝生に座ってお喋りー。お腹がすいて最終的にここは立ち去る。


cupdumondfinal100711_12.jpg

辿り着いたのはカフェのテレビ、しかも入って食べないのに外から見学。そこもしばらくすると人だかりが。白黒テレビめがけてみなが集まった時代のような。

スペイン人がやたら目立ってえらい騒ぎとなったがまぁとにかく、おめでとうございます。



このブログ内、今回のワールドカップ

応援しました in Paris
http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-538.html

フランスでは16時キックオフ
http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-537.html

日本チームへあたたかコメント、FIFAフランス公式HP
http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-533.html

仏、W杯
http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-531.html


その他、過去サッカーな話題

フランスサッカーとアイリッシュバー
http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-476.html
フランスチーム、アンリのハンド問題。

キャプテン翼フランス版とラグビー
http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-217.html
オリーヴとトム。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
パリ JAPAN EXPO 開催中
7月頭からやっている。ヤフーフランスのニュースでも小さな記事を見た。

日本アニメ文化ウケのよいフランス、はよく知れたところ。テレビアニメーション美術に携わっていたことがあるので、ナニそれ作品に参加したとか、制作デスクだったとか、誰それ監督や、声優の誰それに会ったことがあるとか言うと、アニオタはギョッとして色々聞いてくる。羨望のまなざし。

アニオタじゃなくて、日本にとりわけ興味があるわけではない人でも、日本に何となく憧れや幻想や妄想や、色々抱いている人はたくさんいる。みな、東京に行ってみたい、と言う。あんたたち、何から何まで、パリの比じゃないぞ、覚悟して行け~。


parismannga090913_8625.jpg

さてそのJAPAN EXPOは行かないんだが、以前、似たようなイベントに行ったことがある。仕事参加の友人(日本女子)に誘われてタダ入場したが、まぁまぁ高いんだと思うよ、この手のイベント。
やはりコスプレが王道をゆく、っていうか、このためにがんばって「手作り」するんだな。そう、とっても手作り感覚あふれる! 昨今のアニメーション事情は全く知らない、特にテレビアニメ、ゲームとの関連アニメはわからない(映画になればまだマシかもしれない)ので、いったい何のコスプレだか、さっぱりわからないのがほとんど。

おそろしいのは、ガイコクジン顔して王族や中世貴族のコスプレされても、顔と衣装が馴染んでしっくりきちゃって、コスプレと思えなくなること。
しかもマシンガン抱えたコスプレの女の子なんて格好よすぎて、映画から飛び出してきたよう。「萌える」なんて程遠い感覚デス、どっちみち萌えないけど。

parismannga090913_8626.jpg あんたたち誰なんだ!

parismannga090913_8627.jpg

parismannga090913_8624.jpg

ワンピースのコスプレはわかる、麦わら帽子で釣り人みたいな格好してりゃ、みなそうでしょ。
それとナルトの渦巻き模様をハチマキしてるのもわかる。

この2作品、実際とても人気。

そうでなくてもネットじゃ1~2日のタイムラグで仏語字幕つきで見られるっていう。友達の話では、日本からアメリカで英語に訳されて、そこから仏語になってるんじゃないかと。日本語からダイレクト仏語はないんじゃないかということだった。こういうのはボランティアでされているらしい。
もうセーラームーンとか、ドラゴンボールとか言ってると遅れててバカにされますぞ、でも人気だけどー。逆にコブラとかガッチャマンとか、古いといえど殿堂みたいなのは、若いチンピラフランスッ子に教えてやるといい。

なお、コブラをおススメするのは、フランス人友人から聞いた話だけど、フランスの俳優ジャン=ポール・ベルモンド Jean-Paul Belmondoをモデルにしているっていうことなので。そう言われたら見れば見るほど本人に見えてくる。

ジャン=ポール・ベルモンド
http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=33339


だいたいどこのイベントも似たようなことやってるんだろうけど、アニソンやアイドルの歌のイントロクイズや、コスプレコンテスト、カラオケ大会、ゲームコーナーではパラパラを踊り、マンガコーナー、グッズコーナーではアニメもの、キャラクターもの、フィギュアやアジア美術品、生活雑貨を販売する。

parismannga090913_8623.jpg

parismannga090913_8633.jpg



ワタシが行ったものは「漫画」や「コミック」、ゲームを広く網羅しているもののようで、メイン(?)はスターウォーズだった。特殊メイクコーナーもあって、エグい血糊の傷を顔に走らせた人なんかがたくさんウロウロしていた。

parismannga090913_8631.jpg 英国の俳優だとか?

parismannga090913_8632.jpg 白い鉄仮面(名前忘れた)に向かって「おい、フランソワ」などと普通に声をかける、仲間内ではほのぼのムード。。



日本では東京ゲームショーだったか?行ったことがあった。それは仕事で偵察に?派遣されたもので、コナミかナムコか(どっちだ!)のゲームからアニメーション化した作品に美術制作で携わったからだった。多分2000年か2001年、もう10年も前のことなのでこの類のイベントも今はまた雰囲気が違うかもしれないし、不況でやってないかも! それはさておき、フランスは積極的に参加型かな、コスプレでも特殊メイクでもゲームでも、とにかく参加して楽しむ大きなパーティー以外にない。ま、それ目当てで来てるわけだから参加する以外ないけど、何事にも「楽しまな損!」的考えが宿るフランス。ここでもそれです。

 何か妙な物体

parismannga090913_8636.jpg なんだこれは???




※確認したところジャパンエキスポは4日まで。
公式HP
http://www.japan-expo.com/fr/




[ TB*0 | CO*0 ] page top
パリ、夏のソルド。システム
ソルドはお国がコントロールする年中行事。いくつかのパブリックサイト、政府関係サイトで発表されている。

2010年夏のソルドは、6月30日から5週間、8月3日まで。
地方により、開始日が違う場合もある。アルプス地方では7月7日から、コルシカ地方(島)では7月14日から、といった具合。

ソルドっていつからぁ?と、いつもいつもなんとなく追っかけているかたはこれでチェ~ック。

Direction générale de la concurrence, de la consommation
et de la répression des fraudes
http://www.dgccrf.bercy.gouv.fr/actualites/soldes/soldes_ete2010.htm





とにかく煮えそうな天候が続く今日この頃。パリの今日は33℃とか、34℃とか。


[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。