FC2ブログ
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
応援しました in Paris
パリはまだ29日、22時半。
本日、仕事約束の後、そんじょそこらのバーに駆け込んでみた!





いや、なんと閑散としたことか。。。

煮えるような晴れの天気で外のテラス席がにぎわい、店内はガラガラ、画像正面のふたり連れと、左のふたり連れ、それと奥にテーブルゲームに興じるカップルが1組、のみ。
しかもあろうことか冷房がききすぎの直風で寒ッ!!

すでに60~70分くらい経過していたが、得点ナシとは。

しかもアメリカスポーツバーで、解説が英語。ワ、ワカラン。

それでもニッポン代表してこのバーで応援してみた。


フランスで日本は期待されていたかどうか?
アジア端っこの脆弱チームが、どこまでやんのかね?と好奇心はわりと持たれていたようで、なんとも暖かな声援が贈られていた印象。
品行方正、ディシプリンな日本人の印象は一般的。それは芝生の上で繰り広げられる模様でもおそらく感じられているよう。とりわけチーム内がばらばらに崩壊したフランスチームのような、あんたたちにチームプレイスポーツがよくできるよね、と言いたくなる状況は皆無。

バーではフランス人&イタリア人の4人グループが入ってきて、「君、ジャパン?」とか言ってる。ヴァカンスでナポリから来てるそうで。ナポリタンは仏語まったく通じず。うぁぁ、こうなるとどんだけ死にそうな英語でも英語しかないワ!!! 「ナッカム~ラは出てる?」知らんよ、そんな細かいこと・・・「めいびー!」

なんかよくわかんないけどジャパンを応援してくれてるんだそうで、PKに突入し、皆で逐一「わー!」

ナッカム~ラ
ナッカ~タ
ホ~ンダ~
イナモ~ト

と、ばりばりなイタリア・イントネーションで選手名を間近で聞く!

cupdmonde100629_0.jpg
部屋履きのイタリアぞうり。安かろう悪かろうのTATIで激安で。フランスカラーは無かったし、どこの国やらわからないのもあったしー。



結果はそういうことでなんか残念。

夜、友達がどうだった?と電話してきた。負けたさ!と伝えると、え~、残念だったね!と。まぁフランスよりずいぶん良かったからいいじゃんとなぐさめられる。

※スペインVSポルトガル終了、スペイン勝利。




スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
フランスでは16時キックオフ
ワールドカップ、迫る日本VSパラグアイ。
パリでは約2時間後の、16時にキックオ~フ!
その後のスペインVSポルトガルも非常~に気になる。隣国。

エッフェル塔前公園に大型スクリーンが設置してあるらしいが、フランスが早々終了した後も続けて設置してあるのだろうか??
そこで韓国戦を観た!という友人(仏)はいるけど、その時はまだまだ初期段階だったし。

ワタシはちょうど仕事RDVがあるのでライブではどっちみち見ませんが、結果はチェックします。

※サッカー狂の友人(ボルドーチームサポーター)に自慢しないと!(日本が負けたとしても自慢する。)



FIFAフランス公式HP
http://fr.fifa.com/worldcup/matches/round=249717/match=300061497/index.html





[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/06/29(火)   CATEGORY: 食 l'alimentation
暑いパリで、おうちフォアグラ!
はー、あつ。
暑ゥ!!

 ルーヴル美術館


パリは暑いです。

パリ30℃、マルセイユ28℃とか、なんか、そういう数字ってどうなんだか。
でも内陸は暑くなるよね。
フランスも広いので、東西南北、天候が全然違ってひとからげに暑い!とも言えないが、ウチは寒い。

陽が当たらないせいもあるし、ドア向こうに植物がウワッとなっててそれが温度を下げてもいる。


でもとにかく日中、煮えそうに暑い、外。
あぁ、へなちょこの冷房で食べるレストランの中華もノドを通らない!
おえ~
もっと涼しく!!!



今日はウチに仕事編集長が寄って、おみやげ付き、晩飯はフォアグラを食す!
くどいけど冷房無しでウマい!

生タイプのフォアグラで、フライパンで両面1分ずつくらい熱する。どんどんどんどん油が出てきて、どこぞの油田爆発の海のようになる。まるで揚げ物してるような気分になる。


やわらかい!!!
や、こんな濃いもん、しょっちゅう喰うもんじゃないねぇ。いかにも不健康そうな食材。


残った油は採油?して小さなポットに入れたが、どうすりゃいいかな? ラーメン作るかな??


[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/06/26(土)   CATEGORY: せいかつ la vie
パリ夏の到来かも、マイコー
マイケル・ジャクソンが亡くなった日が正確にいつだったか、特に記憶にもないんだが、メトロの壁にとつぜんマイケルのポスターが1枚はってあったので、あれ、と思い出した。テレビでも1年アニヴェルセール特番を放送していたり。

それについて昨年の記事
http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-442.html


さて、最近のパリは夏至を迎えたこともあって、なんか夏っぽくなってまいりやした。
や、でもウチは冷える。外はずいぶん暑くて、でも陽射しが強すぎて煮えそう。3分、日向を歩いただけで、真っ黒になりそう。
夏か?
夏かぁ。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
天下無敵エルメス パリ本店
と、タイトルのように思う理由は、威厳を守り貫いている姿勢を感じるから。それなりのプロデュイと歴史とがあってそれが成立すると、もちろん思うわけで、それからフランス特有のホコリ(プライドの方でス)が実際、感じられる、でもって、悪い意味ではないってこと。

や、だってとかくフランスは自分たちがエラいと思って、ひとつの勝利にとことんこだわってしがみついて、ひけらかして、今現在、もうそれって時代の波にのってないよって言っても、負け惜しみしか言わない。

一方、そんなしがみつきのプライド国民性を認めてはいて、変わってかなきゃダメだよね。。。と嘆いたりもしている、かわいい民族なんですよ(誤魔化し)。


hermes100611_4.jpg 周辺ゴチャゴチャしてて残念な、エルメス本店


エルメスがちょっと他より威張ってるかなと思ったのは、これだけフランス高級ブランドのトップの顔でありながら、みんながこぞって行く百貨店なんぞには入っていないことだった。エルメス香水のデモスタンドがとある百貨店に立っていたので、バッグなんかはここにないの?と聞いたら、本店に行ってねと言われ。

本店ってこのフォーブールサントノレでしょ、あとジョルジュ5にも店舗があるんだっけ?
それと香水スタンドのおばちゃんは、ボンマルシェ辺りにもあったかしら、なんてウスラボンヤリしたこと言って、情報は曖昧。さすがフランスでしょ!





やや入り辛・・・とか思いながらも厚かましく入る。ま、入口で止められさえしなきゃ、その後はズカズカ行ってダイジョブー。せめてせめて、あんたたちのお店のブレスレットをしてきたよ!と言いはしないが、(十分、大人ですけど)小娘め・・・と見下される前に見せつけたい、と無駄な抵抗。

バッグ売り場なんて客だらけで、誰か相手してくれよ~!とキョロキョロするも、なんや、暇そうな店員がいないじゃないか。やっとのことでオジチャン店員をつかまえ、情報を聞き出す。


いやぁ、みんなこんな高いのよく買うね、二ケタくらい、ワタシのフトコロ事情とギャップがありやすよ。
セレブそうな人はいなかったが(そんな人はVIPルームにいるに決まっとる)、革見本をベラベラとめくって相談する英語圏の人たちなんか、威圧的ですな、ロシア人かもしれないけど。


なにしろ、「良いものを見る目」は持っておいて損はない。ココロのこやしにもなりますぞ。


参考>
オリエント - エルメス展
http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-527.html


[ TB*0 | CO*0 ] page top
日本チームへあたたかコメント、FIFAフランス公式HP
さて、やっとこついていっている、もしくはついていっていない、クップ・デュ・モンド、南アフリカ(ワールドカップ)。
スポーツニュースで、マツイが仏語でインタビューに答えているのを見た。フランスのチームにいたんですかね??


弱小サムライ・チーム。
諸外国から見るとすぐサムライ。弱くてもサムライの国。こういう形容が簡単に出てくるのはほんとスゴいと思うよ、色んな意味で。

なぜかわからないけど、FIFAフランス公式サイトに、世界ランキング45位の日本には暖かな声援コメントが寄せられ(ほんの少しだけ)、10位のフランスには怒濤のように辛辣なコメントが。サッカーの国だから注目度もハンパ無いし、結果はショボいからね。仕方ない。

FIFAフランス公式サイト
http://fr.fifa.com/


暖かなコメント?:
日本チーム宛て

Surtout que cette année le Japon sont un peut plus fort que la Corée Du Sud
今年の日本チームは、韓国チームよりちょっぴり強いと思うよ!

Ils ont la capacité d'aller loin, malgré un jeu défensif un peu fragile! Si la Corée DS peut le faire, le Japon aussi!!!!
もっとイケるはずだ、守りに入っちゃってほんのちょっと軟弱だけどね! 韓国ができるなら日本もできるさぁ!!

Après leur victoire contre Cameroun, je pense que c'est possible pour les japonais de finir 2e. Très bien Honda!! =)
カメルーン戦の後、なんだかイケそうな気がしておりますぞ、本田いいぞ~!




FIFA世界ランキング(ウィキ)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Classement_mondial_de_la_FIFA

なお、「FIFA」とは仏語であって。

Fédération internationale de football association


[ TB*0 | CO*0 ] page top
ブルターニュ・ニッポンなクッキー


先月たべたクッキー、ぶるとん!
「ブルトン」は「ブルターニュ」の形容詞や「ブルターニュ人」の意で、ブルターニュはフランス北西の地方。モンサンミッシェルのイラストがついてるが、モンサンミッシェルの歴史は川の流れた”側”で、ブルターニュ地方域だった時と、ノルマンディ地方域だったことがある。今は要するにノルマンディ側にある。

「ブルトンは大酒飲みで野蛮でデカイ声で話す」なんて、おちょくった形容をよくする。や、あんたたち(全仏人)、フランスどの地方行っても「飲んべえ」の称号はついてんですけどー。


paletsbretons100513_1.jpg

さてこのクッキー(「パレ」っていうんだけど)、フランスで作られてるようではある。

が、ジッと見ていると、んっ?

paletsbretons100513_2.jpg


まず、この表記方は完全に日本っぽいなぁとのんびり思う。もう何でもかんでも日本語だの、中国語だので表記してあるよなぁなんて思ったけど、え、じゃなくて、完全に日本での印刷じゃない? 逆輸入品!? そんなはずはー。う~ん、ルートがよくわからない、この輸入業者は知っているけれど(別にコンタクトあるわけじゃない。)、パッケージは少なくとも担当しているってことなんでしょうね。パッケージのデザインのみ日本で行って、印刷はフランスかポーランドか知らないけど欧州で、そしてできたらおもむろに日本へ輸出されるのか。だってもうすでに、日本での「輸入後」の立場の品物だもん、あ!複雑!


普通ぅ~に、パリのスーパーで売ってる。おいしかったけどね。


このブログ内
モンサンミッシェルってどんなとこ(全3回)
http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-310.html
[ TB*0 | CO*0 ] page top
仏、W杯
サッカー大国フランスなので、Wカップも燃えております。
カフェやバー、あっちこっちで万国旗&トリコロール(もちろん)がはためき、大型画面を設置しているところは普段スポーツバーでなくても、応援激戦地となる。

ワタシは日本がすでに試合したことも知らず(したんだよね?)、何となくの追いかけ。サッカー好き(かなり本気サポーター)の友達は何人かいるので、どのチームがどうだの、ゲーム解説だの、下手したらどういうわけかスポーツバーに連れていかれたりもする。

今夜はフランスvsメキシコ。
ふたつグループから、どこそこで試合見るぞ!皆で応援しましょ~!みたいな連絡が入ったが、行きまセン。
どっちもがんばれ。



過去、サッカーな話題

フランスサッカーとアイリッシュバー
http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-476.html
フランスチーム、アンリのハンド問題。

キャプテン翼フランス版とラグビー
http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-217.html
オリーヴとトム。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/06/16(水)   CATEGORY: せいかつ la vie
フレンチビタミン
よい天気のような、寒いような、風があったり、照ったり、ぐるぐるめまぐるしいパリ気候。
そんな上下する気温にやられ気味の人は少なくないようで。



しばらく風邪ひいて久々に声がつぶれ、パトリシア・カースか、はたまた八代亜紀か、といった感じだったが寝込むこともなく復活。いや~、薬はまた色々のんだ。効いてんだか効いてないんだか、まぁ効いて復活したんでしょう。具合が変でも人にずっと会っていたが、特にワタシが何かうつした気配も感じられないので、みなさん、どうも。

さて復活したけれど疲れやすい、病後の体力消耗ってヤツですか、なんかシャンとしない~、となって、またも薬局へ駆け込む。
なお、「長引くようなら病院行って注射の1本でも打ってきやがれ」と友人のありがたいアドバイスもらったりしながら、ガンとして病院には行かず。ま、インフルが疑われるようなら即行、行きますがね。病院で時間割くのもあんまりで。

薬局では以前に、「疲労感を覚えるならビタミン剤など摂っても」と勧められてはいたが、とりあえずは風邪をやっつけますんで、と断。

で、「この度は疲労してんです~」と訴え、最近の傾向としては、午前中にMacの前に座って集中作業しておりますと、もう気持ち悪くなっちゃってこみあげそうになる、横たわらずにはいられなくなり、そのおかげで昼ごはんがろくに喰えない、栄養補給ができない、と、かくかくしかじか。

「そこまで!?」と眉をしかめられながら、「ではマルチビタミンはどうですかね」と。「ビタミン、ミネラル、必要栄養素が全て網羅されてるもので・・・」「それください!」

とにかくドーンと効くものを所望。
ドーンと価格もあがって30ユーロもしたぞ。でもそんなもんかな、QPコーワとか「目に効く」なヤツを時々のんでいたけど、そんなもんだったかもね。

で、・・・これ、粒がデカイ!!!
かたくてかめない肉を丸飲みできるノドはあっても、大粒の薬剤を通すノドは別もの、と思え、恐怖。
ビタミン剤に、逆にいじめられるとは思ってもみなかったが、苦労体験したー。


なにはともあれ元気復活!
ビタミン剤のおかげでありましょうか。


画像はまたの機会に。


[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/06/08(火)   CATEGORY: せいかつ la vie
ジャンボ靴とパリ夏の気配は?



オペラ大通りの靴屋で、しっかりしてそうな(=高級そうな)靴屋なんだが、ウィンドウのドでかい靴が気になる。
本来の靴のように、ちゃんとした素材で、巨人が履けそうに、作ってあるんだろうなぁ・・・。
入って確かめてないのでわからないが、紙とか蝋じゃないだろ。
人間、無駄なことをする生き物だなと思って止まないが、そうして営んでいくもので、結局、何かしらの効果となっているに違いない。現にこうして、まんまとコメントしてる人間がいるんだもんな。


夏の気配を感じる?パリですが、明日(火曜)は22℃くらいとか。
「もう夏かな?」と、Tシャツに短パンと完全に夏服の友人に聞いたら、「夏至はまだだ」とピシャリ。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/06/06(日)   CATEGORY: せいかつ la vie
本日のパリ(土曜)



Macintoshのダッシュボードのお天気情報パリ4区は30℃。
いや、寒い寒いと嘆く毎日でした、5月に入ってから。
ようやく、夏がきたか?
春を飛ばして?
春は一瞬、花見をした時に春かなぁと思った、あれだけだったな。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/06/05(土)   CATEGORY: 美術館 le musee
オリエント - エルメス展
エルメス・フォーブールサントノレ店のショーウィンドウデザインを70年代から手掛けてきた、レイラ・マンシャリ(Leila Menchari)へのオマージュ展。エルメス・フォーブールサントノレ店を実際に飾ったウィンドウディスプレイ8点を再構築している。
それぞれのショーウィンドウは、レイラ・マンシャリの、チュニジアでの幼少期の記憶、旅、出会いなどから成るイメージを、小さな夢の劇場として具現化したものとなっている。

単なるバッグや貴金属のディスプレイではなく、その世界観をあるテーマに乗っ取って数メートルのガラスケースの中に演出した、まさにテアトル。夢の世界へようこそ、と彼女が言うように、異次元を体感できるような。

おもしろ企画は、メゾンが誇る職人の丹念な仕事ぶりを垣間見ることのできる、アトリエデモンストレーション。
会場内に特設された陶器工房、馬具工房、モザイク工房、彫金工房などの、親方さんの手仕事が、メゾンの重みを感じさせる。

エルメスの威厳や貫禄を見せつけるエクスポジション。





ORIENT-HERMÈS
Voyages de Leïla Menchari


6月6日まで

Institut du monde arabe アラブ世界研究所
1, rue des Fossés Saint-Bernard
Place Mohammed V
http://www.imarabe.org/

火~日曜/10~18時/一般:7ユーロ

arab_h100427_13.jpg



※家人に依頼された、何とかっていうバッグの価格を調べに行かないと! 忘れてやしません!


L’exposition « Orient-Hermès » à l’Institut du monde arabe honore Leïla Menchari, auteur depuis de nombreuses années des vitrines Hermès du magasin du 24 Faubourg Saint Honoré.

Cette exposition met en lumière à travers 8 décors quelques unes des créations majeures de Leïla Menchari pour la maison Hermès. Inspirée par ses souvenirs d’enfance en Tunisie, ses voyages, ses rencontres, Leïla Menchari met en scène de véritables petits théâtres où se retrouvent les savoir-faire d’artisans et d’artistes de la Méditerranée.

Pendant toute la durée de l’exposition, mosaïste, dinandier, verrier, tailleur de pierre, nattier ainsi qu’un sellier Hermès se succèderont à l’IMA pour faire découvrir leurs talents et accompagneront Leïla Menchari au croisement des cultures de la maison Hermès et de la Méditerranée.

Cette exposition est réalisée avec le soutien de la maison Hermès


[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/06/02(水)   CATEGORY: 食 l'alimentation
いい白ワイン
フランスガストロノミー関係の仕事をしている友人(仏)に、白のおいしいワインって何かな?と聞いたところ、教えてくれたのがこれ。

Gewurztraminer
ゲヴルツトラミネール


その響きからも、アルザス方面。


ある日、アベスのカフェで友人と晩ご飯した時に、ワインメニューにこれを見つけて「あああああ!」と大声出す。
というのは、それ以降、時々探していたんだが、ワイン屋で本気で探したわけでもないので(買いたいわけでもないから、出してこられたら困る)、スーパーや百貨店でも見つからなかったから。瓶の肩(首?)部分がシュ~ッと細長いのが特徴で、安くないワインだそうで。


「一杯だけおごる」と友人が言うので、それではと「これはいけるワインと聞いたんだ」と自慢げに注文。
「アルザス白って辛口じゃない?」と友人。くどいクロックムッシューを頼んだので、辛口は寧ろ都合がいいでしょうとなって、・・・。
そして話に夢中になっているうちにゴクゴク飲んでしまう。



後日、ガストロノミーの友人に報告、「例のヤツを飲んだんだよ!」
「どうだった? なに食べたの?」
「いけてた!と思う! クロックムッシュー!」
「・・・え・・、あれは甘口だから、どっちかっちゅうとフォアグラと合わせたりするよ・・クロックムッシューはいかがかな・・」

どうもあまりまともじゃない飲み方をしたようで、でも何も気付いていなかった本人。そう、確かに飲みやすいぞとは思ったんだが。

ま、おいしいと思えたならそれでいいや。



[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。