FC2ブログ
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/08/07(金)   CATEGORY: シネマ le cinema
ジャック・タチのトラフィック
シネマテックで開催されていたエクスポジションと上映会「JACQUES TATI -DEUX TEMPS, TROIS MOUVEMENTS」。

tati7773.jpg



4月8日から8月2日まで長々開催され、たくさん見たいフィルムはあったけど滑り込みで「TRAFIC(1971)」を見たのみ。でもこれが一番好きなので良いことにする。

多分1995年くらいに、東京でリバイバルを見た。オレンジ系のチラシ。今もまだ持ってる。どうして行こうと思ったのか、もしかしてチケットでも当たったのか、珍しく友人と一緒に行ったと思う、それで、自動車展示会が終わった後の会場で、タテ半分の自動車に乗ってバタン!とドアを閉めてグルン!のところで死ぬほどウケて、その後も何かと話題にして思い出しちゃあゲラゲラ笑っていた。



JACQUES TATI(1907~1982)
本名TATISCHEFF、パリ郊外に生まれる。
ロシア皇帝のいとこの息子(!)である父と、イタリア人の母をもつ。
ブルジョワな家庭で育ち、テアトル、シネマ、ラグビーに興味しんしんな子どもだった。
1946年ころから長編映画に取り組み始め、「JOUR DE FETE 祭の日(日本語では“のんき大将”と。)」が完成。配給が決まるまで2年もかかったが、大大大成功を収めた。
その後、「LES VACANCES DE MONSIEUR HULOT」「MON ONCLE」「PLAY TIME」「TRAFIC」「PARADE」ムッシュー・ユロの休暇、ぼくの伯父さん、プレイ・タイム、トラフィック、パレード、など発表。
数多くの受賞があるが、1977年には作品全体に対するセザールを受賞している。
1982年、2作品を未完のまま、肺炎のため逝去。


フランスの映画史に燦然と輝きまくるジャック・タチ!

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/08/07(金)   CATEGORY: 執筆 ecrire
他の書きどころ
↓内緒だけど内緒にならないしシャレにならないけど、こちらも書いています。
http://blog.mon-paris.jp/
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。