FC2ブログ
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
アニメーション「プッカ」?
パリでよく見かけるキャラクター。韓国生まれのキャラクター?のようだけど詳しくは知らなく・・・。中国が舞台っぽい内容、忍者も出てくる。文具系グッズになっているものが多く、売られているのも、カバンなんか持っている人も街で見かける。

HP
http://www.puccaclub.com/

ハングル読めない。英語版がある。



「パワーパフガール」タッチの太い輪郭線が特徴で、「いまどきのこども」(なつかしい・・・)のようなシンプルでグラフィックなスタイル。

http://d-uranai.shogakukan.co.jp/kubokiriko/imadoki.html
http://www.kubokiri.com/


みんな「にっぽんアニメ」だと思ったりしてるのかなぁ・・・「まんが=日本」もシンプルすぎて古い発想だけど、まだまだそう考えられている節はあると思う。

朝7時半ころにテレビでやっているのも見かけた(見たのは水曜日だった)。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/12/28(金)   CATEGORY: 食 l'alimentation
ハッピー・ブリオッシュ
Brioche Doree(ブリオッシュ・ドレ)の「ブリオッシュ “サン・ニコラ”」(だったか、ちょっと記憶が曖昧なんだけど)。11月末にテイクアウトして歩きながら食べたものだけど、クリスマス企画だったのか、通常あるのにワタシが知らなかっただけ?



片目は転落、体が随分ねじれているが、まぁチェーンのカフェレストラン(で、正しい? サンドイッチ屋さん?)だし、多くは望まれていないと思う。。。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/12/23(日)   CATEGORY: Le Japon(日本)
Chrysantheme (菊 kiku)
Le jaune et le bordeaux, ils sont tres differents mais tout est le chrysantheme.
Je ne savais pas (soutout celle de bordeaux).




kiku4675.jpg


La chine est le pays d'origine du chrysantheme. Il a ete importe au Japon il y a a peu pres 1,200 ans (?). ... Aujourd'hui, on peut trouver dans le monde entier, et en France, souvent a l'occasion de la Toussaint.


C'est une fleur symbolique du Japon, elle est meme le symbole de la famille imperiale du Japon.

kikumon2.jpg



L'armoirie imperiale est le chrysantheme dont il y a 16 petales.

D'autres familles imperiales aussi portent de temps en temps l'armoirie du chrysantheme (comme la famille d'Arisugawa, mais je ne sais pas tres bien la genealogie imperiale ... ).


kiku4715.jpg


D'ailleurs l'armoirie du chrysantheme existe au moins 140 modeles. C'est une des fleurs tres populaires du Japon.


***
L'armoirie ; "Kamon" en japonais.
Puisque j'ai travaille dans ce monde, il vaudrais mieux peut-etre que je l'explique,
... une autre fois (un jour...). C'est penible.
[ TB*0 | CO*0 ] page top
アルマ事故現場
ダイアナ妃の車の事故現場、アルマのトンネル。メトロAlma-Marceauのそば。今でも献花してあり、メッセージがいっぱいあちこちに書き残されている。




alma4479.jpg



ここへわざわざ来たのではなく、この近くにはパリ市立近代美術館、パレ・ド・トーキョー、モード美術館ガリエラ、ギメ美術館、などがあって、どれかに行った後するするっとここに流れてきた。写真を撮っている人やメッセージを読んでいる人なんかもたくさんいる。

ワタシの見解・・・なんてどうでもいいけど、イギリス王室の陰謀説に一票・・・。王室の血筋にアラブ系を入れたくなかったとか何とか????


alma4480.jpg



人気者だったダイアナさん。それだけに狙われてしまった、のか?
合掌。



ga4468.jpg
ガリエラ

gui4460.jpg
ギメ


パレ・ド・トーキョー(このブログ内)
http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-177.html

パリ市立近代美術館
http://jp.mon-paris.info/contents/branche/oyv0704.html
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/12/19(水)   CATEGORY: Le Japon(日本)
Le brocoli dans le jardin
Le brocoli est cultive dans le jardin chez mes parents.
Vous ne croyez pas ?
庭に育つブロッコリー。









Voila !

bro4652.jpg

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/12/19(水)   CATEGORY: Le Japon(日本)
Un petit tapis rouge
Ce sont les feuilles d'erable (momiji).
La vue typique en automne, qui couvre le Japon entier. C'est comme le Sakura (le cerisier) au printemps.

Une vue pittoresque.

春には桜。
秋には紅葉。





momiji4646.jpg
[ TB*0 | CO*1 ] page top
DATE: 2007/12/19(水)   CATEGORY: 街 la ville
パリ・ハンズ
ノエル特集5
BHV昼と夜


フランス版・東急ハンズ(ワタシとしては)。
クリスマスカード用のデコレーション・グッズなんかのデモンストレーションをやっていたりする。もこもこする、レリーフスタンプ文字を作ろう!みたいなの・・・。


bhv4085.jpg



とにかくツリーの飾りだのギフトラッピング用品だの、ノエル準備グッズがわんさかしているので、ここに来ればたいていのものは揃うかなぁと思ったり。
高級路線百貨店でお探しならプランタンとかギャラリーラファイエットへどうぞ。ル・ボンマルシェ?なんかもそうなのでしょうか?





bhv4194.jpg
[ TB*1 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/12/19(水)   CATEGORY: 街 la ville
明滅パリ・ラファイエット
ノエル特集4
ショッピングしないけど見とく。


ギャラリー・ラファイエットの、おなじみ電飾。明滅したりウェーブ状に波立ったり、表情が変わるのが楽しいというか、盛り上がるというかー。


gl4494.jpg


gl4495.jpg
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/12/13(木)   CATEGORY: 街 la ville
おまけの高級リッツ
ノエル特集3
おまけの高級リッツ

Ritz Paris
前回クリヨンの高級つながり、おまけでリッツ。
なんだけど、実はこれは去年の画像!

ritz0068.jpg

ritz0067.jpg



***


ここからは今年の画像。Opera Garnier オペラ・ガルニエ前のPlace de l'Opera オペラ広場からRue de la Paix 平和通りを行く↓





と、リッツ・ホテルが鎮座するPlace Vendome ヴァンドーム広場↓

ven4534.jpg

ven4537.jpg

この一帯にあるデコレーションは、遠くから見ると高級そうなクリスタルか何かに見えて、実は透明ビニールをぐしゃぐしゃやって作ってあるもの。アイデアの品。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/12/13(木)   CATEGORY: 街 la ville
白糸の滝のような高級ホテル「クリヨン」
ノエル特集2
白糸の滝のような高級ホテル「クリヨン」

絶対セワになることはないだろう高級ホテル「クリヨン」HOTEL DE CRILLON。
以前フランス友人が研修生として入っていたが、その当時それをコネにしたって1泊もできなかっただろうな。





ノエル・デコレーションが、白糸の滝のように、柳のように、簾のように、力士のまわしにくっついてる紐(?)のように、・・・サラサラサラ~と風になびきながら、明滅している。

それにしても、ホテル前にせせこましく車を駐車するのが興醒めする。

でも超一流です、ハイ。
カフェ1杯も破格だったと思う。
Place de la Concorde コンコルド広場に面している。


crillon4540.jpg
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/12/13(木)   CATEGORY: 街 la ville
シャンゼリゼ・イルミネーション
ノエル特集1
シャンゼリゼ・イルミネーション

今年もAvenue des Champs-Elysees シャンゼリゼ大通りではノエル・イルミネーション。11月26日の点灯式にはヴァネッサ・パラディ(だったよね?)も参加した。



奥の奥に凱旋門が



今年は「エコノミー」をモットーに(?)デザイン・設営、例年に比べて70%の省エネに成功したらしい。消費電力の少ない発光ダイオード LED(light-emitting diode(英))を使用いたしまして、それで、ところどころにパイプ状のガラス棒?があり、流れ星状態にシュウ~と光が移動するようなことになっております。

av.c-e4545.jpg




あんまり近くでじっくり観察しているとリアルな仕組みが目に付き過ぎるので、そこそこ目をウッスラさせて、あえて陶酔してみる方が良いでしょう。。

「ダイオード」フランス語は「la diode」女性名詞。読みは “ラ・ディオッど” で近いでしょか。


av.c-e4543.jpg



av.c-e4498.jpg
朝の様子
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/12/09(日)   CATEGORY: 美術館 le musee
ロシアン・コンテンポラリーアート展 (メゾン・ルージュ)
相変わらずのメゾン・ルージュではディープなエクスポジション、ロシアン・コンテンポラリーアートを探った、なかなか希有なものが開催されている。先きに2007年モスクワ・ビエンナーレにて紹介された中から、200点程の作品が今回やってきた。スターリンの死後、ロシア・コンテンポラリーアートが再生してからプーチン時代(現代)までの35年間にスポットを当てている。


正直、ロシア共産主義(ソビエト共産党)など専門外もいいとこで全く語れないので、このレポートも失敗かな・・・。そういう政治背景をヌキにしても、アートを切り離して鑑賞できる・・・とはちょっと思えない(そういう作品が少なくない)ので、ダントツに難解。共産党の赤い星が光る感じがワタシ個人としてもあまり好きでないんだが、何故かコワくて大きい声で言えないとこにも(ちゃっかり書いてるくせに)、そこはかとない畏怖を覚える。そもそも知っているアーティストなどひとりもいないし、新発見の世界観ではあった。







Ilya Kabakovはロシア・ニュー・アヴァンギャルドのリーダー的存在。1993年ヴェネチア・ビエンナーレで発表された「赤パビリオン(La pavillon rouge)」が再建されていて、凱旋曲が流れている。(ウソくさい大げさな)装飾を施した小さな ”小屋” は、ソビエティック潜在意識;ある種の <内在ソビエティスム> の表現なんだそうだけど、すでにわかりません、そのソビエティスムが。
「La tribune」は、正面にソビエト・マークが入った演説壇で、裏に回るとウォッカや薬のビンがズラッと並べられている。”対比” を表現したもので、政治的演説の裏側の不健康な感じが窺えるのでちょっとおもしろいんだけど、どうも末恐ろしい。

Leonid Sokovは、デュシャンのレディ・メイド的作風の造形作家。少しはわかりやすいカリカチュア作品もあり、スターリンと熊が並べられた絵画「Staline et l'Ours」や、ヒトラーとスターリンが向き合ってひとつの地球をカナヅチでトンカチやっている彫刻造形作品「Hitler et Staline」なんかがある。これも ”対比” という発想。

その他、「Mac Lenine」(マクドナルド&レーニン)とか「Lenine Coca Cola」(レーニン&コカコーラ)といった、アメリカンカルチャーとの融合的ポップ・アートも多く出てくるが、レーニンだのスターリンだの、ゴルバチョフといった政治家たちをポップに利用したアートが、ソビエティック・プロパガンダなんだか、ウォーホル的ポップなのか、実は何だかよくわかんない。
最後には超今の写真作品、デジタル、ビデオ作品、ミュージックビデオなども紹介されていくので、ロシア色というよりはとにかく ”現代アート作品” ということになっていく。


それにしても随分ドギツイものや、きわどいものもあり、ロシアン・パワーは計り知れない。
体力消耗したエクスポジションだった。


ミュゼ・サイト
作品画像も少しあります。
http://www.lamaisonrouge.org/fr/fiche.php?section=menu05&rubrique=14&fiche=64



Sots art
~Art politique en russie de 1972 a aujourd'hui~


2008年1月20日まで開催


La maison rouge
10, bd de la bastille 75012
(5番線Quai de la Rapeeからが近い)

一般;6,50ユーロ
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。