FC2ブログ
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/09/16(火)   CATEGORY: Le Japon(日本)
ひきだし小物入れの修理



高さ10cmのミニひきだし小物入れ。

ひきだしの取っ手が無くなっていたので、ビーズをつけた。


hako5686.jpg

真珠(っぽいやつ)にした。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/08/20(水)   CATEGORY: Le Japon(日本)
盆 ~La Fete des Morts
Bon 盆(Ourabon 盂蘭盆)
(梵語ullambanaあるいはイラン語系urvanからの言葉)


太陰暦の7月13日~15日を中心に行われる仏事。地方によって新暦(太陽暦)の7月や8月と、日が異なる。
祖霊を死後の苦しみの世界から救済するためのもの。墓参りをし、僧侶が棚経に回る。

La Fete des Morts(Ancetres)qui est fait du 13 au 15 juillet (par le calendrier lunaire). Par le calendrier solaire, c'est en juillet ou en aout, cela depend de la region.
C'est une fete pour sauver les manes des ancetres de la souffrance apres la mort.



bon5585.jpg bon5584.jpg
迎え火(盂蘭盆の初日の夕方、祖先の精霊を迎えるために焚く火)
送り火(最終日、祖先の精霊を送るために焚く火)

Au debut de cette periode (pour accueillir les manes des ancetres), et en fin (pour les envoyer), nous faisons de feu devant la porte de maison (dans le jardin).



bon5430.jpg
On nettoie la tombe,


bon5495.jpg bon5493.jpg
... et dresse un autel.


bon5496.jpg
La lanterne

bon5591.jpg
Illuminee,



 bon5432.jpg
Nous faisons une visite au cimetiere,

bon5486.jpg
... et le bonze vient chez nous et recite des soutras.
坊さんが来る。


***

En meme temps, c'est la periode de vacances d'ete tout courtes !
Alors il y a beaucoup de gens qui retourne chez soi natal, ou bien qui part en voyage. En consequence, l'embouteillage de route et l'affluence de Shinkansen et a l'aeroport sont apportes. C'est phenomenal.

貴重な盆休みで、日本全国、毎度毎度渋滞&混雑発生。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/08/07(木)   CATEGORY: Le Japon(日本)
扇いで乗り切れるかってんでぃ! にっぽんの夏文化
尋常じゃない暑さが続く西日本。
こう殺人的な暑さだと、団扇も扇子も役立たず。そんなヤワちょろい微風も、扇風機の「弱」もダメで、「中」でも汗ダク、結局何やっても、エアコンの無い穴グラ部屋にいると息苦しい酷暑に打ちのめされっぱなし。


sensu5457.jpg

日本文化の扇(扇子)。世界に広まった。
団扇は中国生まれ。

sensu5458.jpg

普通なのもヘンテコなのもいっぱいあるぞー。
中国の品も多い。
↑左の「折りたたみ式360°型」も中国。

sensu5459.jpg
↑と、印刷してある。



sensu5451.jpg
魚・・・。全体像は省略。
ワタシは寿司ネタは、光り物が好み。。


sensu5449.jpg
「浅草」は、もらったんだった?? 曖昧な記憶。


sensu5450.jpg
文楽・・・。
なお、ワタシのカメラは「顔認知」のような機能があり、人の顔を認識してキレイに撮るらしい。それで、人の顔を察知すると、画面にチラッと四角の囲みが現れて「顔認知」を実行するんだけど、この文楽のイラスト顔にも反応していたのでウケた。絵なのにっ。



sensu5454.jpg
そして、こういうタイプが何本もあって、箱に蘇州とか何とかかんとか書いてある。中国人たちからの土産でしょう。香が焚き込んである、匂い飾り扇子。あまり実用向きでもないけど、使えないことはない。

sensu5455.jpg

sensu5456.jpg
箱入り



 ***

おまけで東京・浅草の扇屋さん。

sensu5066.jpg

sensu5065.jpg
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/18(金)   CATEGORY: Le Japon(日本)
温暖湿潤気候・・・
じめじめじめじめ・・・湿気にブッつぶされそうになる・・・。暑いぃ。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/07(月)   CATEGORY: Le Japon(日本)
百の足 千の足
朝っぱら、家の中にムカデが出た。

さすが、足が100本もあれば逃げ足も速いので、全身の毛が逆立ちながら大急ぎで、ハエたたきで!

パンパンパンパンパンパンパンパン!

オエ~。



「なにィ~?」
と家人の声がしたので
「サソリが出た~」

瀕死のムカデを見守りながら5分くらい経って、あれっと我に返って
「ムカデ~」
誰からも返事は無かったけど。

火ばしでつまんで庭へ強制連行。「熱湯注ぎの刑」&「頭部をクラッシュしてコンポストに放り込みの刑」に処した。


ウチにやってくる四足動物や節足動物たちで、愛らしいのはヤモリくらいだ。もうっ。←ただし、戸のすきまに挟まって、ぺちゃんこになって、ひからびていたりもする。合掌。





ちなみにマレーシア土産?のサソリキーホルダー。
コイツは2.5cmくらいで小さいんだけど、そういう種類なのかー?


ムカデは「la scolopendre ラ・スコロパンdr」
サソリは「le scorpion ル・スコrピオン」

ムカデは女性名詞、サソリは男性名詞・・・。

なお、ムカデは「les mille-pattes レ・ミルパット(男性複数)」ともいう。
「mille ミル」は「le millenium ミレニオム(ミレニアム)」で御存知の通り(?)、「千(1,000)」の意味ですが、ということで、「ミルパット」は「千本の足」。

「百足(ムカデ)」より、10倍、破壊的。
ヒトなんてまだまだ小っちゃいな。


 ***

おまけで、ケーキの「ミルフィーユ」というのは発音がよろしくなくて、「millefeuille」→ミルフォイユ(ミルフイユ)と言わないと、「mille filles ミル フィーユ(千人の娘サンたち)」という意味になる。
「feuille フォイユ」は「葉」とか「紙」という意味だけど、クリームやパイ生地をそうやって千枚くらいも重ねていくイメージから命名したのかね。

cake4854.jpg

cake4853.jpg
「ミルフィーユ」ではないケーキ。正月だったので門松飾りが乗っている・・・。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。