FC2ブログ
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/04/13(日)   CATEGORY: 日本語 le japonais
日本で使用の不可解なガイコクゴ
おや?と思うこと。






マンションの「コンシエルジュ(consierge)」
「管理人」でいいのでは?

「コンフィチュール(confiture)」
日本では英語で「ジャム」が一般的なのでは?

■東京駅のエキナカショッピングモール(?)の、とあるベーカリーカフェにて。
店員同士が注文の品名を伝え合う時に「○○○、しるぶぷれ!」
ななな、なぜそんなベタベタな日本語でフランス語を言う必要があんの???

 ***

cafe4859.jpg
南仏っぽいイメージの店内装飾



探せばいっぱいあるだろうけど。
野球用語によくあるような和製英語とも違うようで、きっとオサレな雰囲気が出ると考えられているんだろうな~。
よく言う「ヘンテコな国際化」を垣間見る感じがする。

次にくるのは「アンフィルミエ(アンフィルミエール)」だと思う!!
おいしそうなケーキ?お菓子?


(↑「看護士」のことです)



cafe4858.jpg
日本のcafeカフェ(喫茶店)でcafeカフェ(コーヒー)をのむ

cafe4856.jpg
これ何?キャラメル何とかってやつ?
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*3 ] page top
DATE: 2007/08/18(土)   CATEGORY: 日本語 le japonais
マンガ声 in Parisメトロ
ある日メトロに乗っていたら、すぐ近くで日本語が聞こえてきた。そっちに首を回して見ようともしなかったけど、夏休み時だし、旅行かなぁ、留学生じゃなさそうな、とか思いながら聞くでもなく聞いていた、聞こえてくるから。

話の内容は他愛無いものだった、パリの話でもフランスの話でも、旅の話でもなく、自分ちの台所に関する話。二十歳くらいの女の子2~3人のグループのようだった。

そんなの珍しい光景でもなんでもないけど、どうしてワザワザ書いているかというと、その声質と話し方に衝撃を受けたから。
マンガだ、マンガ! あれはアニメの主人公の女の子のしゃべり方だ!
どっから出てくるんだか声の高さに驚くのと、まぁそれは自然なことだとしても、どう表現して良いのやら、何かネチネチ、ヨタヨタしゃべるというのか・・・幼いふりをする、とかカワイ子ぶる(古い・・)とか、媚びるとか。本人にそういう意識は無いんだろうけど。
主に聞いている側だった女の子もこれまた同じような声色!
日本語ってそんなだったのかな?
流行りか?



そのメトロ車両に日本語がわかる人間がどれだけいたかはわからないが、外国人から見るとどうなんだろう、ワタシはそれがスタンダードだと思われたら嫌だなあくらいに思ったりしたんだけど。
子どもの声くらいのトーンなので、車両の中でもよく通るし、ワタシは同じ駅で降りて、すごいスピードで離れたけどホームのずっと後ろの方から後頭部に突き刺さってくる!
ある意味、すごい。

ロリコンとかペドフィリー(小児性愛)などの変態フランス・オトコに十分注意なさってください。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/06/24(日)   CATEGORY: 日本語 le japonais
100mドイツの女子選手
チラッと見かけたネタ。ミュンヘンで行われている陸上競技のヨーロッパカップで、100m走ドイツの女子選手の腰に

速   敏
  福


と、タトゥーが入っていた。「速」と「敏」が横に並んでいて、その下に「福」。




コンコルド広場から見たシャンゼリゼ大通り&凱旋門、その彼方にラデファンスの新凱旋門(グランド・アルシュ)
(コンコルド広場から凱旋門までは2kmくらい?)
※文章と画像は何の関係もなし。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/06/19(火)   CATEGORY: 日本語 le japonais
キッチン! 人類皆「兄弟」
やまいだれ+寺の話に続いて、へんな日本語ワースト2は、昔、確かニューヨークで見かけたもの。
それは道行く人の腕に掘ってあったタトゥーで、なんと

台所


なぜ・・・。
まさか「キッチン」だとは知らずに掘っているんだろうな~、知ってて掘っていたら大変。料理人だったのか・・・?


「愛」とか「兄弟」(兄弟も随分イケてないけど・・・)、十二支で自分の生まれ年を「兎」「牛(丑?)」とか、般若心経の一部を腕に、とか(耳無し坊一じゃあるまいに)、とにかく漢字をタトゥーで掘るのはよくある話で、タトゥーショップにはたいていいくつかストックモデルが置いてある。ほとんど「天国」「悪」「悪魔」「愛」「神」「髑髏」など、英語や仏語からの訳として、エグイ単語が並んでいる。
最近ではさすがに意味もちゃんと把握していると思うので、それと見た感じのグラフィックイメージで決めるんだろうな。
キョトンとしてしまうほどザンネンな漢字を掘っている人を見かけると切ない。一方、心の中ではげらげら笑っているのさ! これからも楽しませてほしい。



haka1139.jpg
そして参考画像は墓地です~。ペールラシェーズ墓地。


エディット・ピアフの墓。
[ TB*0 | CO*1 ] page top
DATE: 2007/06/17(日)   CATEGORY: 日本語 le japonais
それは「ぢ」!・・・in Paris
ある日。
前から走ってくる少年(12~13歳くらいかな)のTシャツに、デカデカと漢字がプリントされていた。またまた、アジア流行りで、意味もわからずそんなモン着て~とか思いながら、何が書いてあるのかなとジ~ッと見た。

やまいだれ

そして




・・・痔!!!


もうめちゃくちゃ。
あっという間に走り去っていった少年を取っ捕まえて、写真撮らせてもらえばよかったかな(「そのTシャツ、止めな!」と忠告するためじゃないのネ・・・)・・・。・・・。

なので、写真はナシ!
[ TB*0 | CO*2 ] page top
Copyright © フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。