FC2ブログ
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2017/01/02(月)   CATEGORY: せいかつ la vie
Bonne année 2017
本年もよろしくお願いいたします。

huitre2.jpg
年越しオイスター。
このブログ内で昔、モンサンミッシェル旅のことを書いたかなーと探したら書いていたが、ホテルで立派な牡蠣を食べたんだよねー。で、まる得ハプニングがあったわけだが、宿泊したホテルでたんまりディナーして、翌朝のチェックにつけといて、ってことだったわけなんだが、チェックアウト時に、フロントにレストランのレシートが降りてきていなく、結局、「良いわよ」とフロントが言うんで、食事の支払いしなかったんだよね。後でカードから引かれたわけでもなく・・・
まだ「日本人観光客激減」なんて事態は無かったから、大目に見てくれたのか。。

ノルマンディあるいはブルターニュの牡蠣は、んまい!!
カンカルの牡蠣がやはり良いかな。

モンサンミッシェル旅行記(全3回)はコチラから
http://rimaik.blog93.fc2.com/blog-entry-310.html











スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2016/09/02(金)   CATEGORY: せいかつ la vie
先週暑かったパリ
先週は猛烈な暑さに見舞われた。パリの天気予報では37℃がおそらく最高だったが、数日メラメラしてヘコんだ〜。。スーパーの生鮮食品売り場に駆け込む。

湿度は20~40%くらいと高くはなく、欧州らしい気候、かー。
が、冷房がない現実。
建物外壁がジリジリ焼けて室温はぐいぐい上昇、なおかついつまでたっても室温は下がらない。
室内での熱中症の危険がもろにやってくる。

ちなみに南仏では高温に加え空気が乾きすぎて火災の警告が出た。

なかなか厳しかったー、ただし一瞬の酷暑。
7月に日本からのお客さんに貰った、「水で出す緑茶」にどんだけ救われたことか!






[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2013/07/23(火)   CATEGORY: せいかつ la vie
フランス夏の過ごし方
7月14日<革命記念日>←(*本国で革命記念日とは言わない。「7月14日(=カトルズ ジュイエ)」と日付がそのまま祝日名。)が過ぎ、パリは観光客のみとなっている。パリジャンのアパルトマンは軒並み窓のシャッターが下りて、店も新学期まで閉店。

とはいえ皆が皆バカンスに出かけていくわけではない。今夏、10人中4人のフランス人はバカンスに出かけない。子どものためには公的機関のアクティビティなどが多数、用意されている。

ところで、
夏の観光人気スポットはフランス中南部のロット県にあるLacave(ラカーヴ)の鍾乳洞。外気37℃から、ひんやり14℃の世界へ。夏はかきいれ時。
http://www.vert-marine.com/grottes-de-lacave-46/


パリ温度計は35℃を超え、なかなかあっついのです。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2012/08/18(土)   CATEGORY: せいかつ la vie
パリ猛暑2012
短いパリの夏は、猛暑で最後の足掻き。来週半ばまでは暑い日が続きそう。水を飲め、日中外に出るな、と、熱中症の注意が出ているフランス。

いやでも暑い。
明日パリ38℃っていってるけど。。。

暑いとパンとかサンドイッチなんか全然食べたくなくて、冷たいそうめんやうどんなんか食べてますが、アジア人だからこういう食の選択をできるよね、と思う次第。もちろん、西洋人も色んな形で麺は食べるが、そうめんツルツルはさすがに無いし、おいしいツユなんか、作れるわけないもんね。

暑い時には、色々な具材を入れたサラダや、クスクスの冷たいバージョンのようなタブレや、ジャンボン- メロンとか!?(生ハムとメロン)、冷たくてもおいしいラタトゥイユとか。。。猛暑でも夜は20℃くらいまでは下がるので、食欲も何とか、何とか、保つことができる。ちゃんと食べないと、また病気っていうか体のメカニスムが狂う。気をつけないと。



こちらに書いてます:
http://blog.mon-paris.jp/



[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2012/06/20(水)   CATEGORY: せいかつ la vie
死闘のライオン「刈り」
フランスでの美容院は、日本のようなすばらしいサービスは期待できない。


のような内容は前にも書いたかもしれないが、さらに上をゆく(?)サービスを体感した。

そもそも超高級サロンなんか行ったことなくて比較はできないので、底辺レベルの美容院でのことしか書けませぬが。

髪が長く多く重く、シャワーの時、下手したらお湯が足りなくなる事態に陥りつつあったので、切りたくてしょうがなかった昨今。どこでもいいから飛び込みたかったが、シャンプー,カットで女の頭は平均40ユーロくらいする。4,000円くらいなもんだけど、一般在仏貧乏日本人の感覚では高ッ。安いとこないかなぁと日々、キョロキョロする。

※しかも、ちゃんと最初に見積もりしないと、長さやサービスで、価格が変わるからね。見積もりだけ頼んでさようならすること、しばし。


で、見つけた、カット29ユーロ。


※ちなみに、日本人(美容師)が出張カットします、って20ユーロくらいで出しているようなのを利用している人は多そう。
コミュニケーションとれないとサロンではまず働けないから、仏語のできないワーホリや学生で美容師は、出張カットが武器ですな。手に職、手にはさみ。




激安とは言えないが、逆にメチャクチャされても困るのでこれで手を打つ。。

見積もりを頼み、特にトリートメントだの、スペシャルケアなどしなければ、29ユーロだと、、、「では今スグに!」

と、予約ナシでいきなり開始。



一応ロレアル系のサロンだったので、まぁエラいことにはならんだろうと予想。


シャンプースタート。


ざざァ~!
顔に流れてきとります。。。
ワタシの肩にかけてあるタオルでゴシゴシ拭かれる。
なんか、全身びしょびしょシャワー状態になるんちゃうかと緊張で凍りつくー。

顔を拭かれること数回、豪快なシャンプー終了。


「髪、ゴッシゴシだけど、トリートメントする?」
「え?」
「バサバサでもつれまくり!」
「あ、まぁわかってますけど。別料金ってこと?」
「7ユーロ!」
「じゃいいです。」
「梳かせないんだけど!6ユーロ!(下がってる)」
「今日は29ユーロにおさえたいのでいいです!」


確かに、全く労ってなかったし、超痛んでる髪。

しかしかたくなに拒み、タオルで髪をほとんど拭いてくれないのでそこらじゅうビショビショにしながら移動。背中もビショビショ感。



「ま、だいたいこんな感じで」と数日持ち歩いてた雑誌のプリントを見せつつ、「とにかく多いんでですね、がっつりグラデーションをつけて。あとはテキトーにやってください」


ブロッキングはいっさいせず、はさみとくしだけで事は進んだー。

ご、豪快すぎ、おっさん(といっていいかどうか)!

髪がからまるからまる、ぐいぐいくしで引っぱられ、頭の皮がポッカリむけるかと!


爆発的な毛量との死闘の末、何とか終了。ドライヤーで飛び散った髪を吹き飛ばし(乾かすんではナイ。)、ぼっざぼさのライオンになったところで、「ハイッ!終わり!」

最後にシャンプーは、、無いのね。。


「あ、ありがとうございました、軽くなってウレシい。。(ほんとに)」

「・・あ!グリースつけとく!?」
「つけてください!(大声)」



「じゃ29ユーロ。。」
と、お金を出す。

「さようなら!」
「あの」
「キャンディー欲しい!?どうぞ!」
「あ、ではなくてジャケット預けてます、、でもキャンディーもひとつ。。」


全身毛だらけになりながら、ソフトキャンディーを舐めつつ走り去るー。



年末にカットとパーマした時に、カットは下手だったので、そこにはもう行かないと思ったわけだが、今回、どうなんだろう。。
ちょっと時間たってみないとわかんないんだけど、とりあえず軽くなって、全体は長い感じがあるが、思いっっきり鋤いた感があるため髪の一本一本は短く、、、もう死にかけてたパーマっ気がちょっと蘇ったみたい。


頭皮が痛かったので反省の意を込めて、スーパーでゴージャストリートメント(マスク)を購入、とはいえ25%オフ商品。。で、500円くらいか。。。

低予算で髪を労ってやろう。。。



あれは「床屋」って感じだった、ロレアルだけど。



[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © フランス・ななめ見聞録 & La Prose oblique du Japon. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。